エントリー

権利と義務と責任

  • 2019/09/07 08:06

誰が何に対して権利を有しており、義務ないし責任を負っているか、各国の取って居る制度と、憲法、法律規定によって色々異なって居ます。

日本国の場合で、○○○○所有のアパートの退去問題ですと、基本下記の構図でしょうね。

;アパートの所有者は○○○○、賃借人は一個人と二団体、権利者のこれが特定事実、でしょうね。

;このアパートの入居者に付いて”二団体は看板も立てており、このアパートの区画を、団体運営拠点と定めて有る”運営実績も有る。

;借主である一個人、二団体には、所有する動産が有り、占有場所に、所有する動産が置いてある。

;○○○○は”○○○○が当該アパートの所有者なのに、一個人の入居者と退去条件に付いて、弁護士、代理人が貸主に立っての条件を契約させて居る”弁護士は貸主当時者では無いだろう。

;○○○○は、入居者の一個人と○○弁護士の間で、○○○○が費用を拠出して、退去の時に不要な動産を置いて行って良い、○○○○が○○弁護士を元請けとさせて、入居者所有の動産を、廃掃法等に違反した廃棄処理を行わせる、との契約も交わさせて居る。

色々突っ込み処ばかりです、権利者の特定を正しく果たして、当事者間で合法に契約を交わす、ここから違うだろう、入居して居る一個人、二団体と、アパート所有者の○○○○との間で、退去に関する契約を、合法な条件で交わすんだろ。

この契約では「契約条件で効力を備わった条項と、刑事罰則が適用されるから、契約は無効な条項と、ないまぜとなって居ますね、日本国憲法、法律の根本から、本当に知らない故でしょうね」

中古で不動産を購入する場合「注意点が色々有るのですけれど、○○○○の人間は、見れば分かる瑕疵?も気付く知識も持って居なかったんでしょうね”入居している二団体の看板も、二団体との撤去条件合意が無ければ壊せません、器物損壊罪から科されます”」

権利の侵害の場合も「義務レベルの権利侵害は逃げられても、責任部分の権利侵害は、刑事罰則が適用される事も考えなければなりません」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627471
ユニークアクセス:3881234
今日
ページビュー:1148
ユニークアクセス:630
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed