エントリー

事実再確認

  • 2019/09/07 12:07

    @金融公庫火災保険適用罹災事案、再度確認文書

                                 令和元年9月7日

確認相手社
〒060-8552 札幌市中央区北1条西6-2
損保ジャパン日本興亜ビル8F
北海道保険金サービス部 北海道火災新種保険金サービス課
特命課長 高垣卓也殿
TEL050-3798-3198
FAX011-251-5894

                          再度の確認を行う会社
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、本件罹災被害者、当社に罹災部の修繕工事を、損害保険会社との工事実施に関する協議と合わせ、委任した顧客様

;罹災建物
札幌市清田区真栄○条1丁目○○-1 ○○○○壱番館
 ○○,○○号室

;罹災被害者、区分所有者 2○号室所有者
恵庭市中島町○丁目5-○ 
○○○様 証券番号655604750001
TEL0123-○○-○○○○
;罹災被害者、区分所有者 202号室所有者
札幌市清田区真栄○条1丁目○○-1○ 2○○号室
○○○○様 証券番号656481690003
TEL011-○○○○

2、ハウスリメイク取締役、山本弘明の携帯電話から、損保ジャパン日本興亜火災新種サービス課、高垣徳美課長に架電し、本件、金融公庫火災保険が適用となる罹災被害に付いて、事実確認を行い、双方了解した日時。

;令和元年9月5日12時36分~14時20分頃まで。

3、山本と高垣課長との間で確認が果たされた、重要事項。

(1)上記二件の罹災事案は、共に、記載した証券番号の火災保険適用罹災案件で間違い無い、保険業法、保険約款規定、建設業法、電気工事士法、廃棄物及び清掃に関する法律、労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、民間の工事保険規約(各損害事故発生に備えての保証、賠償用)を守り、罹災個所の復旧修理工事を行う見積書を当社が作り、損保ジャパン日本興亜に提出し、損保ジャパン日本興亜は審査後法に沿い、決まった保険金を支払い、当社が工事を行う事を、双方が確認し、合意した。

(2)二件の罹災事案に付いて、損保ジャパン日本興亜加藤課長代理、札幌鑑定田中損害保険鑑定人が、罹災被害者奥方二名と現地で面談し、双方納得の上録音を、今後の誤解を防ぐ為、罹災者側に行って貰い、本件は、共に火災保険が適用される事案である事実を先ず加藤職員、田中鑑定人から、罹災区画所有者の奥方二名に伝え、その後、罹災個所の特定、罹災部の修理方法を、加藤課長代理、田中鑑定人は、罹災者奥方二名に録音も録って貰い、伝えて有る、これ等事実に間違いは無い事を、当社と高垣課長間でも確認済みです。

(3)罹災被害者○○浩様に付いては、当社で既に、上記損保ジャパン、札幌鑑定鑑定人が罹災個所特定、工事方法指示を行った内容に基づき、当社で工事見積書を作成(高垣課長にも、階高割増見積とも伝達済み)して、損保ジャパン日本興亜、高垣課長に、先月29日に見積もり書を提出済みで、出来るだけ早急に、支払い保険金額の決定を、上記法律順守と、階高割増による見積に沿い、果たして頂くよう求めて有る通りです。

※罹災区画二軒の電気配線は、共に数か所漏水により錆等を呼んでおり、加藤職員、田中鑑定人も確認し、認めている通り、漏電して居て、住人らへの、感電による身体生命への著しい危険が生じているし、建物への、漏電による出火の強い危険が生じており、先ず○○様への火災保険金支払額を、上記法律を守った内容で決めて、支払いが果たされた後、当社の負担で○○様宅も、漏電調査、修理を行い、後日○○様の修理分も、火災保険支払い金で補填する事として有る、当社と高垣課長との間で確認した事実です、漏電による人身事故、建物火災事故が起きてしまえば、責任の所在を問われるし、手遅れとなります。

(4)○○○○氏宅の罹災個所復旧工事に付いては、○○氏が今月半ば過ぎまで不在として居る為、高垣部長から出来るだけ早く、録音で認めた罹災個所、修理方法の指示に沿った工事見積を当社で作成し、損保ジャパンに提出して、火災保険金額等の確定、早期の支払いを果たしたい、と求められて居ますが、こう言う事情により、当社の見積書作成、提出は、今月3週目後半以降となる事をご理解願います。

(5)高垣課長に伝えたように、火災保険金支払いがずれ込んだ事で、工事が10月発注にずれ込んで行く事から、当社の消費税負担が出てしまいますので、増税分2%の追加支払いの件も宜しくお願いします、当社も元請けで、多くの工事は下請け発注です、工事費に乗せる消費税の請求は、10%で当社に請求が来ますので。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627558
ユニークアクセス:3881318
今日
ページビュー:1235
ユニークアクセス:714
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed