エントリー

司法、警察犯罪がどんどん

  • 2019/09/09 08:08

今日の請願は、司法、警察、行政、報道が指揮して手を汚し捲って居る、生前整理、遺品整理を謳う、犯罪委任、請負に関して、これを中心とさせて「国政、地方政治も完全に共犯で、合憲、合法破壊を武器とさせて、居直り強盗以下の犯罪強制適法、之で成功と、見せかけだけ”証拠隠滅、偽造ねつ造を武器とさせて”偽装して有る」

これを軸とさせて、政治も完全に共犯だと言う事実も、もっと公式に証明する事も含めて、もう合法化も無理、犯罪を正しく処断はもっと無理、これ等を公に表に出す事も合わせ、請願を送ったのです。

不動産屋と弁護士事務所、弁護士が「アパートの入居者を退去させる為の、入居者に利が有る条件として提示して、契約を交わして有る”居住者が退去時に、居住者が不要と思う物品を置いて行って良いですよ、費用はオーナが負担して、弁護士事務所が退去者と契約を交わして、残っている物品の所有者、廃棄区分を偽り、廃棄処理して上げますから”」

この契約を、オーナーである不動産屋が出してきた弁護士事務所と居住者、退去者の間で結ばせて、退去後に残った物品を弁護士事務所は「便利屋、運送屋、遺品整理屋を下請けで使い、闇処理する事としてあるのです」

定番過ぎる生前整理、遺品整理委任、請負、犯罪を重ねての闇廃棄等処理実例で、請け負ったのが弁護士事務所と言う、義父の遺産相続事件に続いた、札幌弁護士会所属弁護士、事務所による「個人の所有物闇処理、弁護士事務所元請け受注実例、証拠です」

この事件では、委任者が私の知人であった事で「違法条項が入った、退去条件取り交わしの契約書の写しも手に入って居ます”正しく効力が有る条項と、法を犯す内容故、無効となる条項が、この契約には二通り入って居る契約です”」

まあ、当社に証拠も合わせ、話が来なければ「何時も通り闇で成功させて、犯罪の委任、請負、下請けが実務を請負、実行は、ばれずに終わったけれどね」

でも「私の所には”幾つもの同様犯罪握り潰し、司法、警察テロにより、強制適法化、犯罪が立証されてしまった故、法の破壊に走り、犯罪免責事実証拠も有ります”不動産屋さん、行為犯弁護士事務所、有料で有れば、考えますけれど」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702717
ユニークアクセス:3947914
今日
ページビュー:805
ユニークアクセス:759
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed