エントリー

約束は守れ

  • 2019/09/11 07:52

@共産党札幌市議団等に対して、別紙複数記載の調査等を求めて有ります、国家権力による重大な憲法、法律蹂躙事実証拠を持ち、調査、合憲、合法遵守実現を求めて有ります、これ等案件は国家権力が指揮、実行犯、共犯で有り、この先は個人の手に負えません

                                令和元年9月11日

通知先
紙智子共産党参議院議員 小松秘書殿
TEL03-6550-0710
FAX03-6551-0710

                                   通知者
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
                            携帯

1、別紙文書記載は、当社が調査を重ね、国家権力が頭を張る国内外相手の犯罪事実を証明した案件(の一部)です、憲法、法律、最高裁大法廷が法に沿い出した最終決定等、見事に法務省、司法、行政、警察、国税、報道他が公に蹂躙し、通している事実、証拠を持った事案です。

2、特に共産党は、人権保護、福祉を前面に打ち出して居ますが「憲法第32条破壊、障害者が必要な介助を付けて訴訟を行う権利も、弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所ぐるみ強制蹂躙への加担、黙認、相続遺産犯罪で強奪、警察、弁護士、裁判官が共謀して遺産から強制抹殺、相続人の相続権強制蹂躙、生活保護受給者擁護用に”正の遺産闇入手、保護費打ち切りせず、負の遺産は法を犯して放り出させて通して居る””金融機関に、死人が死後口座取引継続、を偽造で正当と偽らせ、相続遺産預金抹殺”その他の国家権力犯罪を見逃す、黙認して居る現実が有る訳です」

3、金融機関の手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書は偽造のオンパレード、憲法第11,29,32条も法務省、警察、司法挙げて破壊実現、障害者が自力で必要な介助を受け、訴訟を来なう権利は、介助を違法と弁護士、裁判官が独善決定して訴訟潰し、全て法務省、司法、警察が主犯です、第三世界そのものの実態です。

4、これ等の国家権力犯罪事実、証拠は、当社が主体で証明し、証拠も揃えて来て居ます、言い訳は良いので「法と社会正義に背くのか、合憲、合法、社会正義実現に向くのか、答えを出すべきです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4705380
ユニークアクセス:3950137
今日
ページビュー:951
ユニークアクセス:580
昨日
ページビュー:1404
ユニークアクセス:1356

Feed