エントリー

生前整理、遺品整理は犯罪

  • 2019/09/12 08:03

北海道庁、北海道警察、報道が共謀して、生前整理、遺品整理は適法ですよ、個人の所有する不用物品は、所有者偽装引き取りします、売り主偽装、排出者偽装、一廃を産廃と偽って廃棄しますよ、こう大々的に謳い、犯罪を適法な事業だと、道民を洗脳、騙して「犯罪を大規模に広めて来て居るのです」

そうこうしている内に「不動産屋と弁護士事務所が”今では知れ渡って居る、貸した不動産を、借りた側が明け渡した後、物品を残して行ったなら、不動産屋が所有する産廃と偽り、違法処分して居る、この犯罪処理実例が、当社に舞い込んで来たのです”」

居住者が退去するに際して「不要な動産を残して行って良いですよ、うちで処分します、費用もうちが持つので、こう言う、退去条件合意が交わされて居ます」

ですけれど「完全な違法行為の合意です、個人の所有物の代行廃棄処理を、何時も通り不動産屋と弁護士事務所で引き受ける契約を、こうして交わした証拠が、当社にも渡りました」

知人が退去予定者なので、法を犯す行為の契約だと分かって頂き「適法な処理、費用は契約通り不動産屋負担での適法処理とします、こう不動産屋、弁護士事務所にも渡ったであろう通告を、退去予定者が送ったのですが」

不動産屋と弁護士事務所は「じゃあ、有価物動産だと偽装して、無料で引き取って違法処理するから、有価物動産だと虚偽目録を寄越せ」

この要求と「退去時に不要物を残せば”退去合意契約条件を無視して、退去費を踏み倒すぞ”こう通告して来ました」

知人、退去予定者は「退去合意契約破り事実と、合法に二団体退去合意せず、を通されて居るのと、適法な不要物処理と、看板移動合意を飲まないのと合わせて、不動産屋と弁護士事務所が、合意契約を破るわ、犯罪を改めないわ、居住して居る二団体の移動に合意しないわにより、退去合意の破棄を通告したのです」

後は好きなように「退去合意契約を破った事も合わせて、時間を掛けて違法、犯罪による退去完遂を目指すなり、で頑張れば良い事です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591710
ユニークアクセス:3847598
今日
ページビュー:40
ユニークアクセス:40
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed