エントリー

司法、法務省、警察、報道ぐるみの犯罪が公開されて

  • 2019/09/12 08:29

死人は生きており、死人となった後も死人自身で預金を引き出す、口座を解約する事を続けている”と、手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書を偽造して、正当な死人による預金引き出し”と偽装して通して有る。

死人を偽り、ATMから資金を盗んだ場合は「警察、司法、金融機関が犯人を逃がす為に、ビデオ映像の隠匿、隠滅に走り、犯人を逃がして犯罪を消して居る」

公正証書も含めて遺言状が有り「遺産の全部か、不動産の全部をxxに遺贈する、と書けば、見つけ出せた遺産金品、預金、不動産全てを、警察、金融機関、法務省、司法が犯人と共に、犯罪に手を染めて、xxが見つけ出せた遺産全部を手に出来ている」

他の相続人が「遺留分、減殺遺留分を相続出来る権利、を訴えても”警察、司法が、犯罪の完遂を果たす為、正当な相続の権利を求める側を、権力濫用テロにより、叩き潰して”相続遺産で、犯罪者が見つけ出せた分全てを、犯罪を重ねて全部奪わせて居ます」

単なる強盗行為を、法務省、司法、警察挙げて、国中で犯罪者と組み、凶行して成功させて居ます。

日本の之が実態です、大半の相続権を得た国民は、こう言った法務省、司法、警察犯罪に慣れておらず、いいように犯罪被害を飲まされるわ、でっち上げ罪状を着せられて、犯罪者に落とされるわ、散々な目に合わせれて居るのです。

報道も直接グルです、生前整理、遺品整理なる犯罪請負の喧伝も、こう言う法務省、司法、警察ぐるみのテロ犯罪制度が有るからこそ、大々的に犯罪を正業と偽り、犯罪を広められて居る訳です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591729
ユニークアクセス:3847617
今日
ページビュー:59
ユニークアクセス:59
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed