エントリー

法務省、司法、警察を名乗るが、実際は強盗国家権力

  • 2019/09/12 09:09

死人が出たとなれば、悪人の親族が我先にと「死人の遺産金品、預金を強奪に走って、当然ですが、犯罪を重ねて手に入れれば、警察、司法、法務省が犯罪者に直接組して、犯罪で手に出来た遺産を、犯罪者が所有権者となったんだ、広報の根拠ゼロで偽り、決めて押しとす事が、国中で行われており」

正しい相続権者は、この連中からの、権力犯罪被害を強制的に飲まされて、合法な相続受けの権利を失って、泣き寝入りさせられて居ます。

強盗が警察、司法、法務省を名乗って居る、之が事実によって証明されて居る、本当です。

紙智子参議院議員は「こう言った警察、司法、法務省犯罪の制度?について”私が提供した証拠を使い、先ずは法務大臣から、この合憲、合法を破戒させて通せている、日本国憲法、法律規定等を、法務大臣名の文書で答えさせれば良い事です”」

まあ、法務省も最高裁も公証人も「法律根拠は無い、法に沿わさずこの犯罪が行えて、成功させられて居るんだ、上手く遺産金品、不動産、遺産預金を強奪出来れば、犯罪者が所有権を得たと、偽装して通して成功させて有るんだ、国中この犯罪を、こうやって成功させて居る」

と、事実通り答えて居ます、憲法、法律規定を破戒させて、無効化させたと偽って「強盗に成功すれば、犯罪で手に出来た遺産は、犯罪者が所有権を得たと、国家権力がテロに走り、通して成功に持って行って居る、と言うからくりなのです」

之が日本の警察、司法、法務省の日常の悪事、所業なのですよ、全く信用出来ない、国家権力を手にしたテロ、犯罪国家権力なのです。

この一連の犯罪も、弁護士用の犯罪制度でも有ります、犯罪を行い、犯罪行為責任を負わず逃げられる特権を、法務省、検事、検察庁、裁判官、裁判所、警察庁が闇で与えており、犯罪者が弁護士と共謀すれば、犯罪が正当と偽りでされて、犯罪が成功して、逃げられて居るのです。

悪の権化法務省、司法、警察、報道なのですよ、本当に短絡で極悪です、この国家権力の所業は。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591758
ユニークアクセス:3847646
今日
ページビュー:88
ユニークアクセス:88
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed