エントリー

司法犯罪は、法律に適っていると証明出来ない

  • 2019/09/12 16:09

司法犯罪、弁護士犯罪は、合憲、合法破壊、犯罪を見逃される事で成功させられてあるので、合憲、合法だとは、当然証明は出来ません。

賃借人の所有する動産を、貸主、仲介不動産屋が「物品所有者偽装、個人が残した物品なのに、事業系一廃、と偽り、産廃区分で違法代行廃棄処理して居ますが、窃盗罪、廃掃法違反となる犯罪行為です」

不動産業者の業務を、弁護士が代行すると、宅建業法違反にもならないし、窃盗罪、廃掃法違反も適用されない、訳が有りません。

宅建取引主任資格を得ているから、不動産事業は営めています、公的資格を持った人間が、不動産扱い事業所に在籍して居る事を条件として、不動産業許可は与えられて居るのです。

弁護士を、この資格事業の代理で雇えば「賃借人の所有する動産を、所有者、廃棄区分偽装で代行廃棄処理が、適法となり出来る、そんな筈が無いのです」

幾ら言い聞かせても、フジ・コーポレーションと、委任状も出さず出て居る弁護士事務所は、聞く耳が無いので困り果てて居ます。

警察、札幌市役所に法を犯す委任、請負に引き込まれて居る、対応して、止めさせて下さい、こう求めているが、動きが悪くて困り果てて、石狩振興局建設指導課、不動産業者の監督先にも通報した訳です。

フジ・コーポレーションにも困っています「お前ら資格者が居て、それを条件として、不動産業許可を得ているんだぞ”弁護士に丸投げして、犯罪請負を正しい事で通す”自分達の資格と事業許可の法律の適用、意味も知らないんでしょうね」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591807
ユニークアクセス:3847695
今日
ページビュー:137
ユニークアクセス:137
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed