エントリー

冤罪を生み出している構図と

  • 2019/09/13 07:45

死人が出たとなれば、犯罪者性質の親族等が我先にと「死んだ人の財産を強奪、窃盗に走ります、犯罪行為者に司法書士、弁護士が加わると、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所も犯罪を成功させる為に、合憲、合法破壊、犯罪を成功させる、ここに毎度暴走し続けます」

死人が生きており、死後も法律行為を継続したのだと、事実証拠を偽造捏造して、真実が証明される証拠は抹殺、隠匿に走り、犯罪が正しいと強制的に決定させて、押し通すのです。

冤罪を生み出して、冤罪を正しい事に、虚偽を重ねて確定させる構図と同じなのです。

現実の世の中が、どう言う形で動かされて居るのか、ここから本当にほぼ何も理解不可能なので、理解する為に必要な思考能力が、本当に見事に欠落し切って居るので、現実の世の中に、全く対応出来ません。

この結果「司法、警察の中ででっち上げた、仮想現実を世の中の実際だと、本気で自己狂信して、それが正しいいことで通るように、現実の方を作り変えて、仮想現実、狂った司法、警察世界を事実と偽装し、決定して居るのです」

死人が出たとなれば、犯罪者性質の親族が、我先にと死人の財産を強奪に走り、そこに司法書士、弁護士が加わりと、警察も加担して、検事、裁判官、裁判所も犯罪者に与して、犯罪を正当と偽り、通して居ます。

これを完遂させる手が「犯罪者と組んだ弁護士がでっち上げる、犯罪によって失われた遺産は、遺産目録から強制抹殺する、裁判官、裁判所、検事、警察は、弁護士作成偽造遺産目録しか絶対に通さない、死人が死去後も生きており、死人自身で自分の預金等を抜き、使ったから、これを事実と強引に偽る手で、これ以外通さない」

この司法犯罪ですし、公正証書も含めた遺言状が有るからと「他の相続権者の遺留分、減殺遺留分まで犯罪によって強奪させ、して押し通す、之が日本中で法務省、司法、警察ぐるみで凶行されて居るのです」

同じ事実、証拠偽造捏造、真実の隠蔽、抹殺により、冤罪も成功させて有ると言う構図です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591723
ユニークアクセス:3847611
今日
ページビュー:53
ユニークアクセス:53
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed