エントリー

弁護士、裁判官、裁判所が共謀して、犯罪隠蔽、抹殺にも

  • 2019/09/16 09:08

義父の死去後、義父を騙り十和田おいらせ農協の資金をxx万円盗んだ事件も「弁護士、裁判官、裁判所、警察が共謀して”犯人擁護、隠匿、犯罪証拠抹殺、偽造証拠で犯罪を消しに走る、等悪行の限りを尽くして居ます”」

この司法、警察犯罪は「十和田おいらせ農協で、犯行の一部始終の証拠も揃えて有る、との事ですから、この犯罪の証拠を、監督官庁、xx、xxx等に証拠で出す、事となって居ますから、帳簿等も”十和田おいらせ農協の資金xx万円が窃盗被害に遭った”こう合法に、事実通り記録されて居ますから」

偽造した手続き書類も有りますし、犯人側は「犯行の状況、犯人偽りに走りながら”農協が勝手に犯罪に手を染めて、金を盗んでくれたんだ”こう言い張って居ますから、十和田おいらせ農協は、事実に沿った犯罪内容で、正しい実行犯特定で、公の手続きを進めて行く事が、絶対必要なのです」

犯人側の虚言を通されれば、十和田おいらせ農協は、大きな痛手を負うのですから「農協の資金xx円を、農協が盗んだ事件、こうされてしまいますから」

犯罪事実証拠も揃っている中で、司法、警察犯罪だから、司法、警察が犯罪事実、犯人を作り変えて、擦り変えて「十和田おいらせ農協が主犯、実行犯の、農協の資金窃盗事件である、之を強引に通そうと暴走して居る事に、十和田おいらせ農協も、合法を持って正面から対抗しなければ、不当な咎を負わされてしまうんですよ」

こんな司法、警察犯罪を通されれば「十和田おいらせ農協は”盗まれたxx万円も、農協の出費とさせられます、犯罪者はxx万円丸儲けで」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5003140
ユニークアクセス:4221949
今日
ページビュー:904
ユニークアクセス:870
昨日
ページビュー:1958
ユニークアクセス:1913

Feed