エントリー

遺産強盗、司法、警察ぐるみ凶行の裏

  • 2019/09/18 06:13

@最高裁大法廷平成28年12月19日、原決定を棄却する、原審事件大阪高裁平成27年(許)第11号遺産分割審判に対する抗告棄却決定に対する、許可抗告事件、要約すると”相続遺産分割除外説”なる、憲法、法律破壊司法他制度、相続前の遺産は、盗めば犯罪者所有とされ遺産から次々除外して通している。この説は違法、今後禁止と言う決定ですが、法務省、司法、警察、国税等が無効扱いして遺産は盗めば犯罪者が所有権を得た、相続人の相続権強制抹殺続行、こうなっています

                                令和元年9月18日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※上記説を違法、禁止と最高裁が決定して、政治が新民法第909条2を施行し、十和田おいらせ農協は順守、盗犯にxxxx実施

国税庁長官、十和田おいらせ、青森銀行資金窃盗犯管轄西税
TEL03-3581-4161 金融機関資金窃盗利得、免税理由は
河井克行法務大臣、大臣官房、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393 十和田おいらせの合法遵守、潰しますか
大谷直人最高裁長官    相続遺産分割除外説は法を犯す行為で
FAX03-3264-5691 禁止、実効性ゼロ、十和田おいらせは順守
紙智子参議院議員、小松秘書
FAX03-6551-0710 遺産窃盗入手制度禁止済み、国政は承知
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 遺産窃盗入手で遺産から抹殺のみ通す
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 遺産窃盗で遺産から除外、泥棒ですが
青森県農政部 農業団体指導グループ尾崎担当
FAX017-734-8138 十和田おいらせの合法業務、守って下さい
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110 遺品整理も遺産泥棒入手説が武器
秋元札幌市長、市議会、市税、保護、介護保険、障害福祉、環境
FAX011-218-5166 遺産泥棒説が武器で保護費詐欺他実行

1、平成28年12月19日最高裁大法廷決定、原審大阪高裁平成27年(許)第11号、遺産分割審判に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件、判決は「原決定を破棄し、大阪高裁に差し戻す」

2、原審抗告棄却理由、遺産預金は、相続前に法を犯し、手に出来れば遺産から除外して行く、相続遺産分割除外説、法では無く最高裁平成15年(受)第670号、16年4月20日最高裁小法廷判決、裁判集民事214号13項その他を根拠として大阪高裁は棄却した。これを最高裁大法廷は「民法第896条等を持ち、大阪高裁決定、これ等最高裁判決等は違法性が強く、原審決定棄却、本決定に今後沿わせて行く」と決めたのです。

3、ですが警察、司法、法務省、行政等は「遺産は相続前に法を犯し、手に出来れば相続遺産から除外して、相続人の相続権剥奪、相続遺産分割除外説を、法も何も破壊させ強権発動によって成功させると暴走して居る、義父母の遺産、財産強奪強制適法化目論見、札幌家裁平成30年(家イ)第19○○,19○○号遺産分割調停事件他事件、○○○○、○○氏の同様事件、令和元年(家イ)第14○○,14○○号遺産分割調停事件、こっちは、保護受給者相続遺産も窃盗で抹殺他、共に犯人側弁護士が、相続遺産分割除外説を絶対とさせ、盗めた遺産は遺産目録から除外、裁判官、裁判所も、合法な遺産目録却下、窃盗遺産除外のみ遺産目録強制採用」

4、十和田おいらせ農業協同組合は「最高裁大法廷最終決定、民法第986号他、新民法第909条2規定を守り”○○○○の遺産預金は、死去時の額○○○,455円存在するので、この金額をベースとして遺産預金仮支払いを行い、4男、妻にはこの遺産預金額を渡す”○○○死去二日後、○○○を偽り、上北支店資金200万円を盗んだxxx(次男は字も書けず、犯人では無い、証拠も揃えて有るとも)と、xxxxxに対し、xxx万円回収と、xxxx、xxxx行為にxxxxxxx手続き中、と答えて居ます」

5、妻は「青森銀行が”○○○の死後8日後、青森銀行も共犯で、○○○を騙り、預金を解約した事にして○○○、478円を、xxxxに盗ませた(次男は実行犯では無い、字も書けないので)犯人から盗ませたこの遺産預金を回収しろ”と文書を出し、仮支払い拒絶、日常的にこの手で銀行資金窃盗に走り、預金引き出しを偽装と認めて居るので”xxであるxxxxを、xxxxxxx、xx、xxのxを持ち、xxxxに、正しく被害者としてxxx、xxxxxxxxxxしました」

6、○○○○、○○氏の長男○○○○氏は、両親の遺産分割調停に「上記最高裁大法廷最終決定を準用して”両親の死去時に存在した正、負の遺産を証明し、犯罪で消された正の遺産を回収しなければ、遺産相続は終えられない、相続遺産分割除外説には従わない”等書面を出して居ます」

7、国会議員、与野党政治団体、弁護士会、検察庁、裁判所、法務省、国税庁等は「上記最高裁大法廷大阪高裁決定却下、相続遺産分割除外説は強い違法行為故今後禁止、相続開始時に存在した包括遺産全てが、相続人全員の共有相続遺産、法により決定、全て承知の上で”遺産は犯罪で手にすれば、遺産から除外して行き、相続権剥奪で財産権侵害犯罪抹殺、法に沿い、犯罪で失わされた遺産の合法回収を求める者は、でっち上げの手で犯罪者創出、抹殺を、確信犯で続行させて居る”と言う事です」

8、筧千佐子事件(東大出弁護士も仲間)も、ここまでの司法遺産犯罪入手法を犯して正当化制度により、再婚相手次々謀殺、相続人の遺留分も”正しく犯罪で手にした筧千佐子と、弁護士が総取り、山分けに成功したと言う事でした”殺人は立件ですが、この方と手を貸した弁護士が、法を犯して得た遺産に付いて、一切立件も合法徴税も無し、調査済みです。

9、今後十和田おいらせ農協、妻、私に対して「合法を通して動いた事で”警察、司法の犯罪事実証明が公式に果たされた事を消す為”冤罪粛清等が降って来ます、既に冤罪粛清が始まって居ます”次男は字も書けず、実行犯にあらず”この事実証明と、相続遺産分割除外説強制続行証明は、警察、司法の命取りとなりますので」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662401
ユニークアクセス:3912169
今日
ページビュー:1244
ユニークアクセス:1132
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed