エントリー

司法、警察、国税犯罪

  • 2019/09/20 06:23

   @十和田おいらせ農業協同組合を中心とした、緊急事実報告

                                令和元年9月20日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※義父死去の二日後、十和田おいらせ農協上北支店で、義父を偽った書類を書き、農協資金2xx万円を詐取したのは、xxxxxと、4男が思い出して証言して居ます、義父の身分偽装で資金窃盗xxxx、xを、西税務署にも犯罪利得隠匿、脱税で告発しました”国税も、相続権無関係で、死人偽装で盗んだ金は、相続と偽り、幾ら盗んでも無税で逃がして居る”と認めました。

十和田おいらせ農業協同組合 組合長、高谷金融部長、組合員各位
TEL0176-56-3161
FAX0176-56-5454
東北財務局青森財務事務所理財部阿部他担当
TEL017-722-1461
FAX017-777-3177
青森県庁農政部 農業団体指導グループ尾崎統括主幹
TEL017-734-9459
FAX017-734-8138
河井克行法務大臣、大臣官房、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官平成28年12月19日、 最高裁大法廷決定無効
FAX03-3264-5691 化に邁進、遺産分割除外説再構築目的

1、十和田おいらせ農業協同組合に、下記事実を伝えます。

(1)青森銀行での、義父死去の8日後、xxxが偽造、行使担当で、青森銀行上北支店菖蒲川職員と共謀し、義父が生きて預金口座を解約し、預金xxxxxxx円を持ち帰った、と偽造手続き実行(手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書偽造新日本監査法人も確信犯で共謀)事件に付いて、青森県警本部、北海道警察本部、札幌地裁、簡裁、家裁、札弁連、所属弁護士等は、下記最高裁最終決定は無効、相続遺産分割除外説が今も絶対、遺産は盗めば泥棒が所有権を得て、遺産から強制除外される、これを強制達成に走って来ましたが、青森銀行から出された証拠を用い、xxxxxxに対し、xxxxxxx、xx、xxxxでxxxxxxxxが出されて居ます。

※青森県警本部、道警本部は、下記相続遺産分割除外説を絶対として”相続権は無関係で、遺産、遺産預金は盗めば泥棒が所有者、金融機関、相続人に金銭被害無し”よって義父の身分を偽装し、金融機関資金を盗んでも、金融機関、相続人に金銭被害無し、犯罪は存在せず、こう言い張って来ましたが、青森銀行から”仮支払制度で義父の身分偽装、資金窃盗提供した、犯人から相続遺産金を回収しろ”と文書が出て居ますので、妻の金銭被害が証明されました”共犯の菖蒲川他は、実行犯はxxx、金融庁にも報告済み”と答えて居ます。

(2)上記司法、警察権力、法務省は「憲法、法律は間違い、最高裁判決も間違い、拠って効力無し、法は順守不要で合法、平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定、大阪高裁平成17年(許)第11号、遺産分割審判に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件、判決、原決定を破棄し、大阪高裁に差し戻す、これ以降相続遺産分割除外説を無効と市、民法第896条他を守り、相続開始時に存在した、包括遺産は全て相続人全員の共有遺産とする、この決定も間違いで無効、遺産分割除外説を、今後も強制絶体適用して行く、新民法第909条2も間違いで無効、死人偽装で遺産預金を盗めれば、今後も泥棒が所有権を得て、遺産から強制除外を通す、無税の犯罪利得である、こう公言し、実行して居ます。

(3)別紙は「相続人4人中2名が、札幌市から保護を受けている相続人と言う、遺産分割事件、札幌家裁令和元年(家イ)第xxxx,xxxx号事件に関わる証拠一部です”保護受給者相続人と、相続人次男息子夫婦が、祖父母の遺産判明分でxxx万円程度を詐取、横領、窃盗して、警察、司法、札幌市保護課、市議会、日本年金機構(年金詐欺を共犯実行)等が「正しい犯罪、保護受給者、相続権無しの者が、犯罪によって遺産入手、自由使用して、保護費満額支給を続けている事も正しい」等言い張り、通している犯罪の証拠です。

(4)この北海道銀行遺産預金仮支払実行書類と、遺産預金履歴の通り「北海道銀行、司法、警察は”死人偽装で遺産預金を盗んだら、犯罪者が所有権を得た、遺産から消された、新民法第909条2規定、相続開始時に存在した遺産預金が、遺産預金額は、最高裁大法廷最終決定、根拠法、新民法第909条2全て間違い故無効”こう決めて、盗めた遺産預金は遺産から抹殺、仮支払い拒絶、で通している証拠です」この仮支払い分は、休眠口座預金で、泥棒に就いた弁護士が見つけ出せて居なかった、拠って、家裁も遺産から除外して有る預金です。

2、本日相続人、遺産高額窃盗被害者xxxx氏は、xxx関係者を同行し、北海道銀行本店に対し、遺産預金は盗めば泥棒が所有権者、犯人特定ビデオ隠匿、帳簿、決算書、監査報告書偽造(トーマツも共犯と認めている)で正当と偽装して有る、道銀答がどう法に適っているか、文書で回答を求める手続きを取ります。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5010157
ユニークアクセス:4228377
今日
ページビュー:434
ユニークアクセス:433
昨日
ページビュー:1301
ユニークアクセス:1269

Feed