エントリー

重罪が科せられる

  • 2019/09/21 06:21

@東区xxx条x丁目、xx氏と、彼が運営する二団体の退去に絡む諸問題、当社が○○氏から請け負って居る事案に付いて、関係先との協議内容

                                令和元年9月21日

石狩振興局建設指導課 宅建業法担当窪ノ内担当
TEL011-231-4111 34-468、家財違法処理請負を、違法業
FAX011-232-1022 者に丸投げ、産廃、古物商許可で違法処理、この手で元請けは免責、道庁、道警、報道、遺品整理士認定協会がでっち上げた犯罪隠しの手、環境省も違法で禁止表明


秋元札幌市長、市議会、環境
FAX011-218-5108 各先配布
北海道新聞報道センター内山、吉田、樋口他記者
札幌方面被害市警察署署長、生活安全課
TEL011-704-0110

1、○○○○に対する、xx氏から当社が請け負って居る、xx氏と、彼が運営する二団体の退去に関わる、退去に際しての作業遂行問題、法を所管する関係機関との、昨日までの確認内容の伝達です。

2、○○○○が、xx氏個人分の不要動産の処理等費用を拠出する契約は、合法なので契約遂行が必要、但し”○○○○、xx法律事務所による、処分請負は廃掃法違反で禁止、○○氏の責任と権利により、扱う事”報道が喧伝する、産廃、古物商許可で個人所有物、未相続遺産物品処理請負、排出者偽装処理が正しい事業で出来る、は虚偽、犯罪、環境省作成パンフレットにもよる。

3、この請負後、違法業者に丸投げ処理委任で「元請け、実行犯の未摘発刑訴法違反立件は”地方自治体、警察、司法、報道がでっち上げた、犯罪の事業化を果たす、重大な違法立件、札幌の納棺協会が、ベルコ、あいプラン等の下請けで、遺品整理、焚き上げを請負、野積、市の処理場に、排出者偽装の手で搬入、宮城県庁、宮城県警、仙台検察庁が”元請けベルコ、あいプラン等を免責とし、納棺協会のみ廃掃法違反で立件、有罪確定”この刑訴法破り事件が、元請けは免責、実行者下請けのみ立件の根拠」 

4、同じ法破り手口での、遺品整理、個人所有物犯罪処理請負の事業化、ネクステップ、遺品整理想いで、マテック、ルーツ・オブ・ジャパン、鈴木商会等の犯罪事業正業報道、宣伝、行政、弁護士会も委任は、犯罪者を法を犯し、擁護して居る権力犯罪です。

5、xx氏が、同場所で運営する二団体の退去条件契約、xx氏が提案した退去条件も、○○○○は全て蹴って居ますので、当社が、xx氏の委任を請けて、二団体の看板を移設する工事請負も保留、当然二団体事務所使用、看板は、二団体同場所での運営権によりそのまま、前オーナーとの契約が100%有効なので、宅建業法課、警察との確認事項です。

6、xx氏個人のみが退去しても、契約による動産残置、二団体運営の権利はそのまま残ります、当社は「○○○○が法を守り、○○氏との間で、個人所有物扱い費拠出のみ、二団体、看板退去条件に合意が果たせれば、その後作業、工事を行います」                  

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5041859
ユニークアクセス:4257351
今日
ページビュー:1591
ユニークアクセス:1471
昨日
ページビュー:2050
ユニークアクセス:1948

Feed