エントリー

金融公庫火災保険事業は

  • 2019/09/21 16:25

金融公庫火災保険事業は「財務省と損保全社が出資して事業を運営して居ます、損保ジャパン日本興亜は”手続き窓口にしか過ぎません”」

この事実が有る中で「損保ジャパン日本興亜、金融公庫火災保険窓口部署が”加藤課長補佐、高垣課長、田中札幌鑑定鑑定人揃って”ここと事を罹災被害個所と認める、修理はこう行え」

こう、録音も録らせて罹災個所確定、修理方法指示を行いながら「合法に工事を行うための費用は出さぬ、法を犯す工事しか出来ない金で飲め」

こう、弁護士成る脅し役まで担ぎ出して、脅迫、恐喝に走って居ます、もう完全な犯罪組織ですが「財務省が所管しており、全損保が共同で運営する、公的な火災保険事業なのですよ、犯罪に走って押し通そうとしているけれど、財務省、全損保が実行犯と言う事です」

恐喝を持ち、合法な罹災復旧工事をさせない、有り得ない工事費額を飲め、こう脅しに走って居ます、弁護士成る犯罪者を担ぎ出して。

当社は、いつもの火災保険適用罹災事故に沿い、罹災被害と罹災個所、修理方法まで損保ジャパン加藤課長補佐、高垣課長、札幌鑑定田中が認めて指示した通り、工事に付いて、工事金額共々見積もって、高垣課長と面会し、見積書を提供しました、法を犯す工事は受け入れ出来ません、とも伝えて。

処が、弁護士成る恐喝版を使い、損保、工事業者による、火災保険適用が決まった後の、工事に関わる損保と業者の打ち合わせが、弁護士法第72条違反、犯罪だ、等脅迫、恐喝、名誉棄損文書まで、施主に送りつけて来ました。

本格的に、刑事告訴も必要となって居ます、完全な脅迫、恐喝、名誉棄損、合法工事妨害ですから、それも「金融公庫火災保険適用罹災事案で、工事個所、工事方法は、損保が認め、指示した上での脅迫、恐喝、名預棄損犯罪実行です」

損保ジャパンの狙いは「工事額を数分の一に削る、狙いはこれだと認めています、脅迫、恐喝を認めている訳です」

ページ移動

コメント

権限がありません

このコメントを閲覧する権限がありません。

  • 2019/09/21 20:25:06

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年01月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4768679
ユニークアクセス:4008699
今日
ページビュー:244
ユニークアクセス:233
昨日
ページビュー:881
ユニークアクセス:774

Feed