エントリー

司法犯罪被害は

  • 2019/09/29 15:39

相続遺産分割除外説が絶対だ、民法第896条や、1031条は無効な法律だ、未相続の内に遺産を強奪、窃盗、詐取出来れば、無税で犯罪者が所有権を得て、相続遺産から強制除外されるんだ、定番の司法犯罪の一つです。

当然、こんな狂い切った司法犯罪被害を、誰もが飲む訳ではありません、相続権を持ち、法を犯して抜かれた相続遺産、自分の相続遺留分の返還を求めます、が。

司法、警察、遺産預金共犯窃盗金融機関が共謀して「犯罪で抜かれた遺産は、泥棒が所有権を得た、他の相続人には、相続権は無くなったんだ”相続遺産分割除外説、何の憲法、法律根拠も無い説が絶対だからだ”民法第896条、1031条等は、無効で適用されないんだ」

これを「闇で根拠とさせて、法に沿った犯罪で抜かれた遺産の返却を、絶対認めないで来て居ます」

こいつらの言い訳は「奪われた遺産を返して欲しいなら”遺産相続争いでは無い、損害賠償請求の訴えを起こせ”こう、闇で罠を仕組んで有る方向に、強引に持って行かせます」

司法、警察は「相続遺産分割除外説、これ以外認めない闇の取り決めが有るので”盗まれた遺産に付いて、損害賠償請求を求めても、泥棒が所有権を得た、と権力の偽造で決めて有るから、損害は生じていない、却下だ”」

こうしか判決を出さないと、闇で決めて有る訳です「相続遺産から除外した、のですから”相続権が無い人間が、言い掛かりの訴訟を起こした”と言う、嘘と犯罪で塗り固められた、司法、警察犯罪の、闇のからくりなのです」

十和田おいらせ農業協同組合と、北海道銀行は「死人が自分の預金を、死人自身で抜いた、と偽って有った、金融機関の資金泥棒被害を”遺産預金は減じて居ません、盗まれたのは金融機関の資金です”と、合法な手続きを取って居ます、司法、警察犯罪に追従せず」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4667920
ユニークアクセス:3917470
今日
ページビュー:46
ユニークアクセス:46
昨日
ページビュー:3281
ユニークアクセス:3152

Feed