エントリー

ここまで公な弁護士、裁判官、裁判所犯罪も

  • 2019/10/03 08:15

相続遺産分割除外説、弁護士犯罪利権獲得の為に、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察庁、財務省、法務省、国税が共謀してでっち上げた”合憲、合法破壊用説”を唯一絶対だ、と国の闇で決めて有り、相続遺産金品、不動産、預金は、相続権無関係で強奪、窃盗、詐取に成功したなら、犯罪者が所有権を得た”と、上記国家権力が総がかりで捏造決定して来て居ます。

この内遺産預金窃盗、死人は、死後も物理的に存在しており、存在権と財産権を与えられて居るので、死人となってからも死人自身で預金引き出し、口座解約を行っており、合法な死人による預金引き出し、口座解約、資金入手だ、拠って死人の死後抜かれた遺産預金は、相続遺産預金から合法に失われたのだ、相続人に相続権は存在して居ない。

こう言う犯罪の手口、弁護士、司法、警察、法務省、国税、財務省他ぐるみの「国際金融犯罪なのですよ、狂気しか無いですよね、弁護士用司法犯罪は、どれを取ってもほぼこうですけれどね”司法書士、弁護士、検事、検察庁職員、裁判官、裁判所職員、法務省の役人、国税庁の役人のレベル、生物としての性質がこうだから”が答えです」

今関西電力の上層部が、役所の連中等から黒い贈り物を、長期に渡って贈られて来て居て、之が当たり前となって居る日本の国家権力の現実も、大きく取沙汰されて居ますが、弁護士、司法他国際金融犯罪は、あんな小さな、日本ではずっと当たり前となって居る日本の国家権力悪の比では無いのです。

日本の金融は、弁護士、司法、法務省、財務省、国税、警察、報道他の金融機関資金強奪用に、国際金融マフィア化し切って居る、国際金融市場から締め出すべき狂い切った権力犯罪事業化し切って居る、狙いは司法書士、弁護士が、金融マフィア事業化させて有る金融機関と組み、資金強奪、窃盗、詐取し放題出来るように、この事実立証も、当社と私で果たして、合法化へ切り替え実例も、次々出て居ます、このテロ集団は、己らの巨大国際金融犯罪握り潰しの為、当社と私を冤罪粛清しなければ、逃げられ無いまで追い込まれて居るのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5010135
ユニークアクセス:4228355
今日
ページビュー:412
ユニークアクセス:411
昨日
ページビュー:1301
ユニークアクセス:1269

Feed