エントリー

報道も共犯、司法遺産強盗制度も

  • 2019/10/03 08:55

司法犯罪、弁護士犯罪利権獲得用に、相続遺産分割除外説、などでっち上げて有り、未相続の内に遺産を強奪、窃盗、詐取出来れば、相続権も無関係で犯罪者が、無税で犯罪利得を手に出来た、と偽造三昧で偽り、国中で成功させて有る司法テロ、犯罪。

義父の同様犯罪では、札幌弁護士会、犯人が偽造委任状で暴走させている弁護士、札幌、青森の裁判所、裁判官が「字も書けない義父息子次男が”娘次女、妻の字体で義父の氏名偽造、弁護士委任状偽造、ゆうちょ銀行妻の字体で次男の口座開設”全て行ったのだと、公に文書も出し、押し通そうと暴走して来て居ます」

ですが「十和田おいらせ農業協同組合の資金200万円窃盗、実行犯は次男の娘ですし、青森銀行での30万円余り窃盗事件と、次男の住所、氏名偽造弁護士委任状作成、行使、訴訟詐欺成立犯罪は、妻が実行犯です」

十和田おいらせ農業協同組合は、次男に同行した娘?が義父の氏名を偽造記載して、十和田おいらせの資金200万円を盗み、持ち帰ったとも証言して居ますし。

青森銀行は、義父の氏名を偽造して、30万円余りを盗み、持ち帰った実行犯は、次男の妻だと証言して居ます、妻の字体で次男の住所、氏名が偽造記載されて、ゆうちょ銀行で偽名口座が開設されたし、数多くの訴訟、調停、審判事件が詐欺で行われ、成立させられて居るのです。

ここまでの弁護士会、弁護士、司法、警察他テロ犯罪事実立証が拙くなり切、当社と私を冤罪粛清すべく、弁護士、弁護士会、裁判所、裁判官ぐるみで、当社と私が犯罪者だ、とそこら中で触れ回り、公の文書にも書いて公開して居るのです。

嘘を数多く、国家権力が公に吐いて、公の書面に書いて公開する事で、冤罪が事実と偽られ、成立させられる、司法冤罪成立用のテロも繰り広げられて居ます、金融公庫火災保険事業も加担して来て居ます、弁護士とやらを実行部隊で暴走させて、文書にも書かせて配ってです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662263
ユニークアクセス:3912031
今日
ページビュー:1106
ユニークアクセス:994
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed