エントリー

弁護士を使ったら、犯罪を独善で、も常態化

  • 2019/10/04 08:10

ようやく共産党さん、公に手を貸して下さるようです、札幌市共産党市議団事務方の職員さんが「個人として協力下さった事案で、大きな功績を、政治関係では、日本初で上げた事が評価されて、党の代表のような立場で、当社に協力して下さるように、国会議員事務所から伝えられて居ます。

金融公庫火災保険事業は財務省所管の、公の火災保険事業です、営利目的の事業では無いのですが「弁護士を犯罪実行役で動かして、完全な言い掛かりを持ち、信用棄損、業務妨害、脅迫、強要、恐喝を手掛けさせているのです」

麻生副総理、財務、金融大臣が、まさか「金融公庫、フラット35火災保険事業所管責任者として、当社と施主二名に対して弁護士を差し向けて、完全な言い掛かりを持ち、信用棄損、業務妨害、脅迫、強要、恐喝を働かせて、金融公庫火災保険金踏み倒しに暴走もさせて居る、事実がこうですけれど、麻生副総理、財務、金融大臣か、政策金融課がこの弁護士犯罪を委任して、弁護士に犯罪を重ねさせているのであれば、本当に前代未聞の事態です」

金融公庫、フラット35火災保険事業窓口の、損保ジャパン日本興亜火災新種サービス課高垣特命課長は「弁護士の所業には、何の事実根拠も無いです、ハウスリメイクさんは、何の犯罪、違法行為も行って居ません、法を守った罹災個所復旧工事費の支払いを、弁護士が認めないので支払えず居ます、10万円引けるんですね、見舞金は別計上で、弁護士に伝えます、早急な支払いを果たしたいです」

これ等を確認済みですからね、弁護士とやらの所業は、多分完全な独善弁護士犯罪、と思われますが「もしかしたら”麻生副総理、財務、金融大臣からの、上記犯罪委任状が有る、やも知れませんしね”共産党さんが犯罪委任状写し取り付け等、公に協力下さるとの事なので」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662291
ユニークアクセス:3912059
今日
ページビュー:1134
ユニークアクセス:1022
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed