エントリー

道銀は

  • 2019/10/04 16:41

北海道銀行は、阿部花枝さんの死後抜かれた287,000円を「法律規定通り、道銀の資金窃盗と、帳簿処理等を改めて、遺産預金は死去時の金額存在して居ますと、十和田おいらせ農協と同様の、合法扱いに是正して居ます」

この道銀資金窃盗は、相続人二名から「道銀が法に沿い、遺産預金を戻す前の時点で、甥を犯人として、被害届が出されて居まして、窃盗罪で刑事事件扱い開始、となって居ます」

被害届を出した時点では、花枝さんに対する相続人が被害者、と言う構図でしたからね、ですが「北海道銀行は、法の規定に沿い、盗まれた287,000円は道銀の資金窃盗被害、遺産預金から287,000円が、花枝氏死去後減じた事実は無かった」

こう、合法な手続き、処理に是正したのです「と言う事で”被害届を出した時と、今では”被害者が異なって居ます”今の資金窃盗被害者は、北海道銀行ですが、被害届を出した時点では、相続人が被害者でしたから、刑訴法手続きでは、あの窃盗被害届も有効なのです」

さて北海道銀行、この道銀資金287,000円被害、どう公処理するんですか?こっそり闇で損金計上は無理だよ。

泥棒側で委任している弁護士が偽造、でっち上げた遺産目録には「この287,000円も、休眠預金87,000円余りも、遺産年金3か月分360,000円余りも載って居ません、完全な偽造遺産目録です」

義父の遺産目録と同じ、死後金を盗めたから、遺産預金から抹殺した、弁護士、裁判官、裁判所犯罪遺産目録なのです。

で、金融機関は「盗まれた資金は金融機関の資金です、遺産預金は死去時の金額が存在して居ます、こう合法化を果たしたので、盗めたから、遺産預金から強制抹殺した、金は、遺産預金として存在するけれど、泥棒側には存在しない預金、となっている訳です」

司法犯罪遺産泥棒入手制度は、こう言う展開となっている訳です「盗めば遺産から強制除外、弁護士、裁判官、裁判所犯罪による、が、盗まれた金は金融機関の金、遺産預金は死去時の額存在する、により、司法犯罪で抹殺した遺産預金は、泥棒には存在しない金、こうなって居るんですよ、自爆ですよ完全に」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662471
ユニークアクセス:3912239
今日
ページビュー:1314
ユニークアクセス:1202
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed