エントリー

死人偽装で、金融機関資金泥棒実行犯と共犯弁護士

  • 2019/10/05 08:55

今後、当社の尽力により「死人が死去後、死人自身で預金を引き出した、この手口で、犯罪利得入手を消して貰えて来ている泥棒と委任弁護士は”当社により、こうして盗まれた資金は、金融機関の資金窃盗被害、遺産預金は相続開始時の金額存在する”」

こう合法化が実現されて居る事で「泥棒に成功した犯罪者と、共犯弁護士は、盗めた金が金融機関によって補填されるので”もう一回、盗んだ金を、未相続の遺産預金相続手続き”によって山分け出来る訳です」

弁護士犯罪利得獲得用、司法、法務省、警察、国税犯罪が破綻させられたけれど「今度は”まんまと死人偽装で盗んだ金が、金融機関によって補填される事で”泥棒と共犯弁護士は、窃盗された穴埋め遺産預金を、再度手に出来てしまうのです」

泥棒と共犯弁護士が、公に”犯罪により”利を得られる、法治国家を偽って居る日本国の現実です、泥棒と共犯弁護士が、泥棒で利を得て有る上に、盗んだ金が補填されるから、再度利得を山分け出来るんですから。

完全な司法、法務省、警察、国税他共犯国家権力犯罪です「泥棒に成功して居る、死人偽装で、金融機関の資金泥棒既遂犯罪者と、共犯弁護士が”過去に死人偽装で金融機関の金を盗み、山分けして居る事実が功を奏して”再度盗んだ金を”合法な遺産相続”として手に入れ、山分け出来るんです」

遂に日本の弁護士用司法、警察、法務省、国税、報道他共犯犯罪は、泥棒と共犯弁護士が、過去に手を汚した金融機関資金窃盗、死人が預金引き出し偽装犯罪利得分、金融機関が補填するので「今度は公に”未相続遺産預金、間違って消した分金融機関が補填、の遺産預金を、今度は合法相続手続き”により、泥棒に成功した事で補填された金を、再度得られる訳です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662357
ユニークアクセス:3912125
今日
ページビュー:1200
ユニークアクセス:1088
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed