エントリー

弁護士用司法犯罪破綻、更なる弁護士用犯罪に、も

  • 2019/10/06 09:18

相続遺産分割除外説、完全なでっち上げただけの、相続遺産強盗、泥棒行為の「憲法、法律を無効と偽り、でっち上げただけの”説”が唯一絶対だ、未相続の内に遺産を強奪出来れば、犯罪者が所有権を得て、遺産から弁護士、裁判官、裁判所、警察、国税が、犯罪に走って抹殺して有るんだ」

これを国中で、唯一正しい遺産相続手続きだ、と嘘、犯罪塗れを通して、常に強制完遂?させて来れて居たのです。

新民法第909条2、この法律が、最高裁平成28年12月19日最終決定、相続遺産分割除外説は、民法第896条から強く犯しており、以後禁止、こう最終決定を出した事も受けて策定、施行された、当社がこれ等の正しい意味、法律理論を正しく知り、理論構成も果たして有る事で。

この最高裁大法廷最終決定と、民法第896条、1031条等破戒、新民法第909条2の破壊に、弁護士会、弁護士、裁判官、調停委員、裁判所、検事、検察庁、警察、国税、金融機関監督先、報道挙げて暴走に走って居る事を、合憲、合法を武器で使い、潰して行っている事が拙過ぎるから、当社と私を、定番過ぎる弁護士冤罪でっち上げ、裁判官も共犯で、冤罪でっち上げを公に重ねて、冤罪粛清を通そうと、黒い司法テロにも走って居ますが。

金融機関が「相続開始時の遺産預金額補填、補償に動いて居る事で”司法犯罪、弁護士犯罪続行が、公に破綻して居る結果に繋がり続けて居るのです」

当社と私の存在が、司法テロ犯罪国家権力の犯罪を公式解明、公開されて拙いから、弁護士冤罪粛清、警察、検事、裁判官、裁判所ぐるみで冤罪粛清に暴走して、上手く行かなくなり「新規の弁護士犯罪、盗んだ金融機関資金を、金融機関が補填したら、泥棒と共犯弁護士が、再度この補填金も手にして、山分け出来る犯罪に、と言う状況も生まれて居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4668002
ユニークアクセス:3917552
今日
ページビュー:128
ユニークアクセス:128
昨日
ページビュー:3281
ユニークアクセス:3152

Feed