エントリー

弁護士冤罪でっち上げで、と又何回も

  • 2019/10/06 09:32

弁護士冤罪で当社と私を粛正する、義父簿の遺産、財産泥棒の調査、証明が拙いからと、例の偽造委任状で暗躍弁護士と事務所、札幌弁護士会、札幌の裁判所、多数の裁判官が、弁護士指揮でっち上げ犯罪で冤罪粛清に、と暴走して居ます。

金融公庫火災保険適用自然災害、マンション罹災事故でも、当社が施主から工事を委任された事で「麻生財務大臣からの”犯罪委任状も無しで、弁護士とやら複数が、完全な犯罪行為複数を、公に重ねて居て”当社を犯罪者だ、何故工事を委任した、切れ、金融公庫火災保険金を、加入者が思う額払わない(見積もりも出しておらず、思う額も無い)」

等、金融公庫火災保険適用自然災害建物罹災事故、財務省の事業の火災保険適用罹災事件で、公に、弁護士連中が勝手に暴走して、犯罪を繰り広げて居ます。

麻生副総理、財務、金融大臣からは「多分ですが、この犯罪実行犯弁護士連中に、犯罪を委任した委任状交付は、行われて居ないようです」

つまり弁護士連中は「勝手に跳ね返って当社と施主、金融公庫火災保険加入者に、完全な言い掛かり犯罪を行って居ると言う事ですが」

金融公庫火災保険事業は、財務省所管の事業です、窓口の損保ジャパン日本興亜が、事業母体財務省の意向も無視で、犯罪実行役に弁護士を動かした、ようですが「事業母体の財務省が、当然全責任を負うのです。

未だ麻生副総理が、金融公庫火災保険適用自然災害建物罹災事故に絡み、弁護士連中に委任状に犯罪を委任する、犯罪はこの犯罪に走れ、当委任状を出し、犯罪委任した事、この麻生副総理、財務省による犯罪委任事実、証拠は、無いようですが、今後も多分出てこないでしょうね。

つまり「弁護士連中が勝手に跳ね返って、犯罪を重ねて当社、施主を犯罪被害に遭わせて居ると言う事です」でも責任は、麻生副総理、財務、金融大臣、財務省が負う訳です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4668048
ユニークアクセス:3917597
今日
ページビュー:174
ユニークアクセス:173
昨日
ページビュー:3281
ユニークアクセス:3152

Feed