エントリー

泥棒と共犯弁護士が、盗んだ遺産山分け、預金は金融機関が補填

  • 2019/10/06 15:26

相続遺産分割除外説、未相続の遺産強盗、泥棒を、如何にも正当なように、弁護士、弁護士会、裁判官、調停委員、裁判所、法務省、公証人、警察、国税ぐるみでっち上げただけ、の、犯罪を正当と偽り、通して来た、司法犯罪ロンダリングの手口です。

当然ですが、泥棒のままですからね「死人の預金が、死人によって引き出されたと、金融機関で手続き書類偽造、ATMから泥棒した証拠映像隠匿、帳簿、決算書、監査報告書偽造により”死人は死後も存在して居て、死人が預金引き出しを、窓口手続き、ATMを使って行った”」

こう偽装して有るから、財務省、金融庁、国税庁も「この犯罪を故意に見逃して来て居るから、今までこの単なる泥棒、強盗が正当な死人による預金引き出し、遺産となった預金は、死人によって正しく引き出されて、遺産から失われた、等と言うオカルト権力犯罪が、絶体で通せただけです」

当社と協力者の、合法化への行動が次々実を結び、この極悪司法犯罪も、破綻して行って居ます「死人が、死後も物理的に存在して居て、死んだ者の手で預金が引き出された、遺産預金は正しく失われた、この犯罪事実を、泥棒に加担して居る金融機関も、動かぬ事実ですから、その通りと認めて」

盗まれた資金は金融機関の資金です、死人が死後、死人自身で預金を引き出した、は嘘、偽造処理でした、遺産預金は相続開始時の金額が、法律規定通り存在して居ます、盗まれた金融機関の資金窃盗被害も、正しく記録して有ります、この合法化に、複数の金融機関も、公式に動き出して居ます。

死人が預金を引き出した、と偽ってくれる前提で、金を盗んだ泥棒と共犯弁護士、司法書士は、窃盗罪行為犯罪者だと、正しく立証されて行って居ます。

盗めた遺産は、遺産目録から強制抹殺、弁護士、裁判官、裁判所、国税、警察犯罪も、遂に破綻して行って居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662372
ユニークアクセス:3912140
今日
ページビュー:1215
ユニークアクセス:1103
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed