エントリー

司法腐敗、処では無い

  • 2019/10/06 16:03

弁護士、司法書士が、強盗、泥棒、詐欺で稼げるようにと「死人は死後も物理的に存在しており、死人となってからも窓口、ATMを使い、預金を引き出して持ち帰り、遺産預金を正しく減じて居る」

ここまでのオカルト犯罪を、金融機関、税理士、公認会計士、監査法人、監督官庁、国税庁、法務省、警察、報道カルト、地方自治体、国、地方政治が共犯で、正しい犯罪だ、と偽り、大々的に国中で、何十年も凶行して来て居ます。

この犯罪を見ても、完全な司法テロ、国際金融他犯罪です「国際社会に対して”日本では死んだ人は、死去後も物理的に存在しており、死人となってからも窓口手続き、ATM使用で預金を合法引き出ししている”」

こう、公に言って通せる筈が有りません、日本国民に対しても、公式にこの司法指揮犯罪事実を、政府発表で、正しいと伝えられる訳が無いのです。

この犯罪も、弁護士、司法書士が、泥棒の共犯となり、盗めた遺産を犯罪者所有と偽りで裁判官、国税庁、警察、報道他がでっち上げで決めてくれて、泥棒と司法書士、弁護士で山分けして通せている、国中で手を汚して、成功させられて居る、司法主犯犯罪なのです。

金融機関が次々と、当社と協力者の尽力により、この一連のオカルト犯罪事実も認めて「死人が死後も存在して居て、死人自身で預金を引き出して居る、等虚偽です、実は金融機関の資金泥棒なのを、死人による預金引き出し、と偽装して有りました、相続開始時の遺産預金額に戻しました」

こう合法化に動いて行って居ます、司法犯罪は破綻して居ます、弁護士、弁護士会、裁判官、調停委員、裁判所、検事、検察庁、法務省、公証人、国税庁、報道、警察が共犯です、もう言い逃れは無理になって居ます。

この犯罪を唯一とでっち上げて、盗めた遺産は遺産から強制除外遺産目録、弁護士、裁判官、裁判所泥棒正当化犯罪も、もう通す事が出来ません「金融機関は、盗ませた金を遺産預金に戻して、金融機関資金窃盗と、事実通り記録も是正して居ます、泥棒と共犯弁護士、裁判官、裁判所は、もう犯罪を成功させる方法が無くなって居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4668109
ユニークアクセス:3917658
今日
ページビュー:235
ユニークアクセス:234
昨日
ページビュー:3281
ユニークアクセス:3152

Feed