エントリー

過去の事件に関わって来て、今役立って居る

  • 2019/10/08 08:48

苫前町農協、冤罪業務上横領事件、あの冤罪でっち上げ事件の構図と、私と当社を司法金融機関資金窃盗を詳細に立証し、潰して居る事への逆恨みを募らせて、冤罪に落としに暴走して居る構図、弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所、検事、検察庁テロの内容、手口は一緒です。

弁護士会、弁護士、裁判所、裁判官、報道が共謀して、冤罪をでっち上げて「何の事実証拠も無いのに”こいつはこう言う犯罪を行った、犯罪者だ”と、弁護士、弁護士会が文書を出す、裁判官が判決に書いて出す、報道で犯罪捏造報道に走る”」

これで「冤罪事件が成立する、と言う手口、構図です、苫前町農協の業務上横領事件が、正にこれでしたから」

民事裁判で、犯人とされた女性を「何の犯罪事実証拠も無いどころか、農協の上層部が農協資金に穴を空けて、穴を埋めるために”職員が預金を盗んだ事件をでっち上げて、実際は上層部が休眠預金を抜いて、身元信用保険金詐欺で穴埋めしようとした事件”」

これが民事事件の証拠で、まあ見事に揃って居て、弁護士も裁判官も、検事も全く意味すら理解不可能、呆れ果てる冤罪捏造事件だったと言う。

同じ構図、手口を使い、札幌弁護士会、犯罪者側弁護士連中、札幌の裁判所、裁判官が共謀して、当社と私を冤罪で犯罪者に仕立て上げるべく、定番の「犯罪を行って居る私と会社と、文書、判決文を書いて、公にさせて居るのです」

普通はこの司法犯罪捏造の手で、冤罪を成立させられて居ますが、金融機関が金融機関の資金窃盗を立証したんで、思惑が完全に狂って居ます「金融機関は、司法、警察ぐるみの金融機関資金窃盗事件と、公に立証して居ますから」

結果、弁護士会、弁護士、裁判所、裁判官犯罪違法正当化、私と当社を完全なでっち上げで、犯罪者と決定して、冤罪に落とす企みも、破綻して居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662424
ユニークアクセス:3912192
今日
ページビュー:1267
ユニークアクセス:1155
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed