エントリー

弁護士の指揮で裁判官が、犯罪を強制適法決定、も破綻です

  • 2019/10/09 16:33

義父の遺産相続事件、義父の身分を偽らせて金融機関の資金を横領、提供した犯罪金融機関と弁護士、監督官庁は、金融機関の資金を横領後提供、の犯罪で、警察、金融機関共犯弁護士も揃い、盗んで提供した金を、こう扱う事とした、被害者、言う事を聞け。

こう、直接犯罪攻撃に走るまでになって居ます、相続遺産分割除外説、未相続の遺産は、盗めれば無条件で犯罪者が所有権を得たと、司法、警察、国税、金融機関監督行政機関が、法を破戒させて、でっち上げで決定して、通す事以外認めて来なかった、この司法犯罪が、漸く破綻してしまったけれど。

この犯罪以外、他に遺産泥棒、死人偽装で金融機関の資金横領入手、これ以外の手口は、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、調停委員、検事、検察庁、法務省、公証人、国税、財務省他、金融機関監督行政機関、報道は、分からない訳ですから、相続遺産分割除外説、が犯罪故適用不可、と決定されても。

この犯罪だけを、今までも、これからも続行する以外、出来ない訳なのです。

新民法第909条2、も施行されてしまい、相続開始時に存在した遺産預金を、無条件で金融機関は保証する責任を負いました「この補填した金と、盗ませた金の扱いを、金融機関、裁判官、裁判所、弁護士、弁護士会、検事、検察庁、警察、法務省、公証人、国税庁は、どう扱えば良いか全く分からない訳です」

で「被害者を直接脅して、犯罪に加担させる、犯罪被害を飲み、泣き寝入りさせると暴走して居ます、金融機関、警察、司法が直にです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4667907
ユニークアクセス:3917457
今日
ページビュー:33
ユニークアクセス:33
昨日
ページビュー:3281
ユニークアクセス:3152

Feed