エントリー

弁護士用警察、司法他犯罪の

  • 2019/10/11 07:20

弁護士に犯罪を認めて、犯罪利得を得られるように、司法、警察、法務省他が共謀して、犯罪を制度化させて有る、数多くこの手の弁護士用、国家権力共謀犯罪が仕組まれて居ます。

未相続の遺産強盗、窃盗、詐取犯罪もこれの一つです、相続遺産分割除外説、単なる強盗、泥棒を、如何にも合憲、合法であるかのように「司法、法務省、警察の闇ででっち上げて有り、未相続の遺産強盗、泥棒は正しい、盗めた遺産、金融機関の資金横領提供、死人が預金引き出し、解約と偽造で成功させて有る、金融機関資金横領後提供を、このでっち上げただけ、の説が唯一絶対と、表立っては国民に言えず、闇で強制適法化を実現させて居る」

見事当社が、この弁護士指揮、司法、警察、法務省他が弁護士の指揮下に入り、犯罪の限りを尽くして強制成立させて有る、弁護士用犯罪も、詳細に立証したのです。

根本から犯罪ですから、犯罪を正当と偽装する為の犯罪が、法を蹂躙して通す共犯国家権力、国家資格者により、国中で凶行されて居るから、犯罪が正しいと偽装され、常に成功させて有るんです。

死人は、死去後も物理的に存在しており、死人自身で預金を引き出して居る、口座を解約して居る、この、根本が弁護士への、金融機関資金横領提供用犯罪も、金融事業者を監督している筈の行政機関、警察、国税ぐるみ共犯の犯罪の手です。

金融機関で業務上横領、顧客の預金窃盗事件が起きたとなっても「手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書を証拠採用は、この現実が有るので出来ません、犯人?がこれ等を証拠採用して、告訴した金融機関が合法業務を行って居る、この事件だけ偽造、資金横領、顧客預金窃盗が起きた事を、手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書で証明せよ」

こう公式要求されれば、金融機関は業務上横領、顧客預金窃盗事件を潰します「金融機関の実際は”死人が死後預金を引き出した、だけでは無くて”国税、地方自治体からの求めで、契約者の身分偽造で預金解約、国税、地方自治体に差し出し犯罪多数”もあるんですから」

偽造の山ですから、金融機関の実際の業務事実は、ですから、死人は死後も存在しており、死人自身で預金引き出し、口座解約して、金を持ち帰った、この犯罪も、司法、警察ぐるみで正当と虚言を破棄、通せているんです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627598
ユニークアクセス:3881358
今日
ページビュー:1275
ユニークアクセス:754
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed