エントリー

弁護士が指揮する司法、警察マフィアの真実

  • 2019/10/11 07:43

弁護士用犯罪を、合法破壊によって成功させて有る、定番の弁護士用犯罪を詳細に暴くと、弁護士が指揮を執り、被害者、被害者を養護して、弁護士指揮犯罪を立証し、合憲、合法を通す為動く私を、弁護士の命を受けた裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察が、でっち上げ犯罪と承知で、冤罪粛正テロに暴走。

この定番の構図通りの、弁護士犯罪が暴かれ、逆上し捲って居る弁護士会、弁護士連中の指揮による、裁判所、裁判官、検察庁、検事、警察ぐるみのテロ、犯罪が、妻と私、経営する会社相手で凶行されて居ます。

相続遺産分割除外説、未相続の遺産強盗、窃盗は正しい、金融機関は「死人が死後も存在して居て、死んでからも預金を引き出す、口座を解約する事を行って居る、こう偽造して金を横領し、弁護士が共犯者なら特に、泥棒に金を渡せ、之を正当と偽る犯罪用にでっち上げた説、之を武器で使い、弁護士指揮犯罪を国中で凶行し捲って居るのです」

最高裁大法廷は平成28年12月19日に、相続遺産分割除外説は、民法第896条違反、強く法を犯しており、この説を認めた、最高裁判決等は以後無効、採用を認めない、相続開始時に存在した遺産全てが”相続人全員の共同相続遺産である”こうも決定して居ますが。

個人の財産所有の権利保護、憲法第29条から、そもそも全く理解も不可能な弁護士、法曹権力、警察ですからね、未相続の内に遺産を強盗、窃盗出来れば、泥棒と共犯の弁護士が無税で山分け出来る、この犯罪以外、本当に理解不可能なのです。

この事実が有り、遺産泥棒、死人偽装で金融機関資金横領穴埋め、泥棒と共犯弁護士に差し出して、他相続人に被害を強制的に飲ませる、この司法、警察テロ犯罪続行しか、弁護士が指揮してこの犯罪強制成功しか、この先も押し通せないのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627452
ユニークアクセス:3881218
今日
ページビュー:1129
ユニークアクセス:614
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed