エントリー

最早完全なマフィア集団

  • 2019/10/11 08:05

完全にマフィアと化して居る、弁護士用犯罪を暴かれ、潰されて逆上に走って居る弁護士会、弁護士連中、弁護士の指揮下に入り、犯罪の限りを尽くし捲って居る裁判所、裁判官、検察庁、検事、警察、財務省、金融庁、農水省他、金融事業者監督機関、国税です、報道も同じです。

弁護士に犯罪を認めて、犯罪によって犯罪者と共犯弁護士が、犯罪利得を手に出来て、無税で山分けして通されて居る、未相続遺産強盗、泥棒に、金融機関資金横領提供他、法務省、司法、警察、国税、金融監督行政機関が犯罪利得差出、犯罪公認、国家権力テロ、犯罪の現実なのです。

最早完全なマフィア組織です、これ等国家権力は、弁護士犯罪用犯罪が公式立証されており、最高裁大法廷も、平成28年12月19日に「相続遺産分割除外説は、民法第896条に強く反して居るので、以後採用禁止最終決定も行って居る」

この事実も合わせて公開されてしまい、何処にも逃げ道が無くなった弁護士会、弁護士の犯罪実行、犯罪を重ねて犯罪正当化達成、冤罪捏造の指揮下に入った裁判所、裁判官、法務省、公証人、警察、金融監督行政機関、国税等は、所管する法の公式破壊実現で、弁護士犯罪適法化実現を果たすべく、所管法律破壊、犯罪を司法、警察、金融機関共々で凶行テロに狂奔し捲って居ます。

結果、日本の金融機関は「国家権力の指揮により、弁護士犯罪事業者用にも”預金解約、引き出し書類偽造、行使、泥棒がATMから他人、死人の預金引き出し犯罪証拠ビデオ隠匿、抹殺、帳簿、決算書、監査報告書偽造、この一連の偽造犯罪を、金融事業者監督行政機関、検察、裁判所、警察、国税が、直接これ等犯罪に加担、犯罪握り潰しを常時闇で行い、この犯罪を国中で行わせ、成功させて有る」

泥棒と共犯弁護士にも、この犯罪で金を提供して、穴埋めは死人の預金詐取、流動資金横領隠匿で通せている、金融事業者監督行政機関が「これ等の偽造犯罪と、流動資金横領を、故意に隠蔽してくれているので」

までもが、公に表に出されて居ます、金融機関で業務上横領、顧客の預金窃盗が起きた、と事件扱いしようとしたら「金融機関の業務を正しく証拠で使わせれば、業務上横領も、顧客の預金窃盗事件も潰えますから、山のような業務上横領、顧客の身分偽装で預金窃盗、記録偽造で正当と偽装が出ますから」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627469
ユニークアクセス:3881232
今日
ページビュー:1146
ユニークアクセス:628
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed