エントリー

レターパックで現金送れます、は詐欺、死人偽装で遺産薄めますは泥棒

  • 2019/10/12 09:04

「レターパックで現金送れます、は詐欺です」レターパックの表に書いてある表記です。

「死人が出れば、相続権無関係で遺産を強奪、窃盗に成功すれば、犯罪者が所有権を無税で得られます、弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所、調停委員、法務省、公証人、警察が公に告知し、通して居る悪事ですが、犯罪ですよ」

死人が出たなら、死人の財産、遺産預金は「相続権無関係で強盗で、窃盗、詐欺で手に出来れば、犯罪者が無条件で所有権を得た、と、偽りですが、国家権力が共犯で加担して、通してくれています」

この犯罪を、正しい強盗、泥棒利得入手だ、と強制成立させて有る「憲法、法律破壊を持った根拠は”相続遺産分割除外説”なる、単なる弁護士、裁判官、検事、裁判所、検察庁、法務省、公証人等で、闇ででっち上げただけ、の説、虚言が根拠”とされた、単なる強盗、泥棒、詐欺行為が根拠とされて居ます」

当然ですが、民法第896条、1031条、新民法第909条2等に、公式に反して居る、単なる遺産強盗、泥棒行為です「相続遺産分割除外説等、国民に、公に喧伝してはいません、この遺産泥棒が正しい、説を、最高裁大法廷は、平成27年12月19日に、全面禁止と決定を下して居ますが、この最高裁大法廷、相続遺産分割除外説は、民法第896条を強く犯しており、以後禁止、最高裁がこの説を認めた判決、判例も無効とする、最終決定も」

同様に「国民にも、最高裁以下裁判所、裁判官にも、弁護士会、弁護士にも、検察庁、検事にも、警察にも告知せず、相続遺産分割除外説絶体、遺産強盗、泥棒の続行に走って来ており、当社がこの犯罪を立証し、法によって犯罪を潰すと動いて居る事を」

相続遺産分割除外説に反して居る、犯罪だ、と言い掛かり、この犯罪で荒稼ぎ出来て居る弁護士に、刑事、民事訴訟法手続きで、公然と指揮権を与え、犯罪正当化、犯罪と暴いた当社、私を冤罪粛清すると、何時も通り司法テロに走って居るのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627448
ユニークアクセス:3881214
今日
ページビュー:1125
ユニークアクセス:610
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed