エントリー

合法化実現に動いている当社、私を粛正しなければ

  • 2019/10/12 09:19

相続遺産分割除外説絶体、未相続の遺産強盗、泥棒、詐取入手で「犯罪で手に出来た遺産の所有権を、弁護士の指揮犯罪で、犯罪者所有と偽装決定されて居る、国家権力が総出で犯罪に走るから」

この犯罪も、犯罪と正しく事実立証した、当社と私を、定番の弁護士指揮、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所が弁護士犯罪の指揮下に入り、冤罪をでっち上げて成功させる、弁護士指揮冤罪事件も、幾つも起き続けて居ます。

金融公庫、フラット35火災保険事業でも、財務省のこの事業で、弁護士が二名、麻生財務大臣の委任状も無しで、犯罪を公に凶行しています、犯罪の指揮を、財務省の火災保険事業で、犯罪委任状も無しで執らせ、犯罪を重ねさせているのです。

未相続遺産預金泥棒の制度化でも、財務省、金融庁は、弁護士指揮下に金融機関を入らせて「死人偽装で資金横領、弁護士と共犯者泥棒に差し出し、死人が死後、死人自身で預金を引き出した、口座を解約した、と偽造によって偽装達成、財務省、金融庁、国税ぐるみの犯罪事実です」

弁護士に犯罪強制成功目論見で、刑事、民事訴訟法手続きの総指揮を執らせて、検事、検察庁、裁判官、裁判所、警察が、無条件で弁護士の指揮下に入り、犯罪の抹殺、免責を果たしており、又、弁護士でっち上げ冤罪成立、にも暴走して居ます。

狂気の弁護士犯罪国家日本、この現実が、どんどん当社と私の手で公開証明されて来て居る事が、この弁護士と支配下国家権力には、物凄く拙いんですよね。

それで「定番過ぎる、弁護士指揮、邪魔な国民は冤罪粛清で消す、之にも暴走して居るんです、普通は成功させられて来て居る、弁護士指揮、司法、警察冤罪成立です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627464
ユニークアクセス:3881227
今日
ページビュー:1141
ユニークアクセス:623
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed