エントリー

公式証明され続ける、弁護士犯罪指揮

  • 2019/10/12 09:34

今日の衆議院議長宛請願書、一応の纏め請願書の記載でも「この国の現実は、弁護士に犯罪を他の国家権力が、国の闇で認めて有り、弁護士犯罪は、犯罪だが犯罪とせず、犯罪を国中で行わせ、被害者を泣き寝入りさせる、合憲、合法を持って向かわれれば、弁護士が指揮を執り、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所が弁護士犯罪指揮下に入り、冤罪粛清して居る」

この真実が、複数公式立証出来て居るので、衆議院にも訴えた訳です、弁護士用犯罪を、他の全部の国家権力が共謀して、闇で認めて有り、弁護士用犯罪は、合憲、合法破壊を武器とさせて有り、犯罪と他国家権力も承知で、弁護士犯罪だから、これを根拠とさせて犯罪にせず、犯罪を常時成功させて有ります。

これが日本国の現実なのです、憲法、法律、社会常識等、弁護士が指揮して居る、弁護士犯罪成立用犯罪国家権力には、弁護士共々、まるで理解も不可能なのです。

この連中の頭は、数十年も昔から変わっておらず、今の時代の法律規定処か、自分達の頭の中身で、正しい弁護士犯罪だ、と錯覚して居る時代の法律にすら、まるで合致して居ないのですから。

現行の日本国憲法の規定に「未相続の遺産は、相続権無関係で犯罪により奪えれば、無税で犯罪者が所有権を得て通る、こんな規定は、当然有りませんが」

警察官、弁護士、弁護士会、検事、検察庁、裁判官、裁判所職員連中には「未相続の遺産は強盗、窃盗、詐取出来れば、無条件で犯罪者が所有権を得られる、これしか”正しい答え?”が無いままなのです、全く正しくない、犯罪ですけれど、弁護士、検事、裁判官、検察庁、裁判所職員、法務省役人、公証人、報道カルトテロ権力には理解不可能なのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627492
ユニークアクセス:3881255
今日
ページビュー:1169
ユニークアクセス:651
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed