エントリー

合法破壊を公に打ち出し、凶行、法曹を名乗るテロ集団

  • 2019/10/12 15:24

事実がそうである事を前提とさせて、法務省、法曹三者、弁護士会、検察庁、裁判所は、今では公に「合憲、合法の破壊、法曹三者が弁護士を頂点に据え、司法犯罪の制度化を絶対とさせ、日本を独裁支配する、ここに走って居ます。

日本国の国会議員、政府が、もう機能不全に陥って居るのでしょうね、そこに弁護士用犯罪を、愚かしくも政府も次々、国の闇で認めて、弁護士指揮テロ犯罪を国中で凶行させ捲っており、歯止めも何も、完全に失った結果です。

今の日本は「弁護士犯罪を絶対と、憲法、法律規定の破壊を武器とさせて、裁判所、裁判官、検察庁、検事、法務省が強制決定するので、常に弁護士犯罪が成功させられて居るのです」

民事、刑事訴訟法手続きも、弁護士犯罪民間事業者が、裁判官、裁判所、検察庁、検事、警察を指揮しており、日本国憲法、法律、社会常識、社会正義は、徹底的に破壊されて、治外法権弁護士犯罪のみ通されて居ます。

弁護士が指揮して、国家権力がほぼ、弁護士犯罪指揮下に入り、弁護士犯罪を正しいと、法の破壊で強制決定させて、事実証拠偽造し捲って、犯罪が正しく、合法は犯罪、と作り変える事も常態化させられており、弁護士犯罪、弁護士が指揮する犯罪適法化テロのみ、常に押し通されて居るのです。

公然と弁護士が頭を張り、警察、検察庁、検事、裁判所、裁判官、法務省他行政機関が弁護士犯罪指揮下に、完全に入ってしまっており、弁護士犯罪が国中を席巻して、通されて居るのです。

国民の人権、財産所有権の徹底破壊を標榜して、弁護士指揮により、国家権力が弁護士の下僕に堕ち切り、国民を相手のテロが国中を席巻して、通されて居ます。

犯罪によってしのぎを得られて居る、弁護士に、闇で与えられた特権です、之を犯罪と証明して、対抗すれば、冤罪粛清を成功させると、裁判官、裁判所、警察、検事、検察庁、行政が暴走して居るしね。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627528
ユニークアクセス:3881290
今日
ページビュー:1205
ユニークアクセス:686
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed