エントリー

苫前町農協事件でも使われた

  • 2019/10/12 15:41

苫前町農協事件、女性職員を顧客の預金窃盗犯とでっち上げて、農協上層部が農協の資金にあけた穴を、休眠預金を偽造手続きで解約して埋めて置いて、ばれてしまって、身元信用保険金詐欺で穴埋めしよう、その為には勤続5年以内の職員を、顧客預金窃盗の犯人に仕立てなければならない、が理由で、女性職員を犯人とねつ造した事件。

当然ですが、全部でっち上げですから、冤罪に落とされた女性職員は、顧客の預金総額11,61万円等手にしていません、それはそうです「農協上層部が穴を空けた、農協流動資金の穴埋めに回した、上層部が横領したお金なのですから」

この事件でも、農協が使った弁護士(と北海道新聞)が「何一つ真実では無い、何の犯罪証拠、犯人に仕立て上げられた女性が、顧客預金窃盗の犯人との証拠無しで、冤罪に落とされた女子職員が犯人だ、とデマキャンペーンを張り続けました」

この事件でも「苫前町農協の”事件緒時の決算書、帳簿と、身元信用保険金が、詐欺で入金された時の決算書、帳簿が、当然証拠で使うと拙いから、民事、刑事事件共に、一切使われて居ません”」

で「彼女が犯人だと、農協が使っている弁護士が”意見書に書いたから”犯人と決まった、よって彼女が真犯人である、と、道新他が大々的キャンペーンを張り、旭川地裁、札幌高裁民事裁判判決も」

弁護士が意見書で、彼女が犯人だと書いて出して居る、報道も彼女が犯人だとキャンペーンを張っているから、と言う理由で、彼女が犯人だ、と判決を出した訳です。

これを受け、冤罪を成立させるべく、弁護士、道新他が、旭川検察審査会と共に「不起訴不当、彼女を有罪に落とし、投獄しろ!」

これをキャンペーンし、決めて「旭川地検、地裁が乗り、強引に有罪に落として、投獄したのです”民事裁判で、彼女が証拠ゼロで犯人と決まった、之が有罪の決定的証拠?だった訳です”」

義父母の遺産、財産泥棒関係事件でも「犯罪者側に就いている、偽造委任状で訴訟詐欺弁護士の指揮で、私が犯罪者だ、と偽造委任状詐欺民事裁判で、何の合法根拠も無しで判決を出して居ます」

狙いは当然「弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所他が、私に徹底して法律で負け続けて居る逆恨みによる、私を冤罪粛清する為の武器作り、ですよ」

私は犯罪者だ、犯罪者達の犯罪は、正しい犯罪だ、と言う判決ですが、犯罪者が手を汚した犯罪は、正しく犯罪と、事実立証も果たして有ります、司法犯罪だと公開立証して有ります。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627555
ユニークアクセス:3881315
今日
ページビュー:1232
ユニークアクセス:711
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed