エントリー

弁護士犯罪証拠を、裁判官連中が正しい犯罪と判決で

  • 2019/10/25 09:11

弁護士用犯罪を、多数の裁判官、裁判所、法務省、検事、検察庁、警察、財務省他が「犯罪だが犯罪としない、憲法、法律は間違い、適用されないからだ、この詭弁、何の合憲、合法根拠も無い詭弁で正当と、強制決定に暴走し捲って居ます」

今日も別の視点で、この弁護士主犯、他の国家権力共犯、実行犯権力犯罪を、裁判官、裁判所犯罪証拠公文書、判決、札幌犯罪弁護士会懲戒請求決定文書、犯罪弁護士発行文書、工事請負契約書,住宅金融支援機構文書等を組み合わせて、弁護士犯罪、裁判官、裁判所、弁護士会犯罪実例証拠で纏めて、犯罪国家権力に配布しました。

何一つ言い逃れる要素が無い、正しい弁護士主犯、国家権力共犯の証拠です、犯罪以外無い、国家権力が共犯だから、合憲、合法の破壊が強制的に通り、犯罪が成功させられて居る、公の実例証拠セットです。

最高裁判所の15人の裁判官が「相続遺産分割除外説は違法、以後禁止最終決定を出した、平成28年12月19日以後も、弁護士が主犯、実行犯で、この犯罪を国中で続行させて居ます、日弁連弁護士全部、裁判官、裁判所、検事、検察庁、法務省、公証人、財務大臣、財務省、金融庁、農水省、厚労省他、ほぼ全ての国家権力が、弁護士主犯犯罪の指揮下に入り、犯罪の限りを尽くして居ます」

麻生財務大臣が最高責任者の、契約時金融公庫火災保険事業犯罪、麻生大臣が弁護士を委任して、この事業で犯罪を重ねて居る、この犯罪も、公に表で犯罪立証されて行って居ます。

弁護士犯罪国家資格者は「委任状偽造、委任者偽造犯罪から、恒常実行しても居る実例証拠です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5041882
ユニークアクセス:4257373
今日
ページビュー:1614
ユニークアクセス:1493
昨日
ページビュー:2050
ユニークアクセス:1948

Feed