エントリー

預金窃盗、偽造、偽装で

  • 2019/10/25 16:17

相続遺産分割除外説、単なる泥棒を、弁護士犯罪利権を主眼とさせて、国中で「民事裁判、調停、審判を名乗る犯罪公開実行、公認手続きでも、弁護士、裁判官、裁判所が共犯で行い捲って居ます」

つまり「口座名義人偽装で金融機関の資金泥棒犯罪が、裁判でも公に行われ、正しい犯罪だ、こう弁護士が公文書で出して、裁判官が判決文に”相続遺産分割除外説が絶対だから、正しい口座名義人偽装犯罪、金融機関資金窃盗、金融機関の帳簿等偽造で、口座名銀が正しく預金を引き出した、と偽って有る犯罪だ”」

この犯罪事実証拠が、公文書証拠でも山のように、裁判記録でも揃って居るのです。

口座名義人を偽り、金融機関の金を横領、窃盗すれば「この司法犯罪が公に行われ、弁護士、裁判官、裁判所他が”正しい身分偽装、手続き書類偽造、行使、金融機関資金横領、窃盗だ”泥棒が正しく金融機関の資金を盗み、所有権を得た、口座名義人が偽造犯罪で、自分の預金を引き出したんだ、帳簿等を奏偽造して有るから正しい犯罪だ」

こう公文書に書き、公の正しい犯罪だ、こう嘘を重ねて押し通し捲って居る、実例証拠が山のように存在して居るんですから。

同じ手口の犯罪は、全部合法犯罪となるんです「金融機関の手続き書類、帳簿等を証拠で使わせれば、この犯罪実例証拠の山です、犯罪と出来る道理が無いんです」

弁護士は、この犯罪で稼いでいるのに「何故同じ犯罪が刑訴法手続き事件となってから”相続遺産分割除外説を絶対とさせて、同じ犯罪を犯罪者、受任弁護士、裁判官、裁判所、法務省、金融事業者監督機関、国税、警察ぐるみで凶行している、犯罪にならない”」

この、公の同様犯罪を用いた、犯罪事実無し、違法な刑訴法手続き、起訴である、この正しい戦いをしないんでしょうか、弁護士が違法弁護活動して居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5041952
ユニークアクセス:4257436
今日
ページビュー:1684
ユニークアクセス:1556
昨日
ページビュー:2050
ユニークアクセス:1948

Feed