エントリー

弁護士が委任状偽造も

  • 2019/10/31 09:14

今年10月10日付、損保ジャパン日本興亜西澤敬二社長が「住宅金融支援機構特約火災保険に対して、この火災保険に加入している○○氏が、自然災害罹災復旧工事見積を当社で作成して、火災保険金請求を行った事を”損保ジャパン日本興亜への火災保険金請求だ”と、愚かしいまでに無知故錯覚して”田代耕平、根岸優介に代理行為委任した委任状は、こうなって居ます」

西澤社長が委任したのは「保険金請求事件」です、この委任事項に二本線は引いて有るが、西澤社長の訂正印は有りません、西澤社長は、保険金請求事件の委任を取り消して居ません」

で「手書きで委任事項の横に”賠償額確定調停申し立て事件”こう書き加えて有ります、西澤社長が書き加えたのでは無くて、田代耕平、根岸優介の所で書き加えた訳です」

保険金請求事件が委任事項です「○○氏から損保ジャパンに、火災保険金請求が有った、こう言い張って来た保険金請求事件の委任と、損保ジャパンが○○氏に対して、損害賠償債務を負って居る事件が並立する筈が有りません」

○○氏は「住宅金融支援機構特約火災保険に加入しており、この加入火災保険事業に対して、自然災害罹災復旧工事費見積もりを持ち、工事費を保険金で請求した、この機構の手続き窓口が、損保ジャパン日本興亜だから、ここに手続き代行先故、見積書を渡した、と言う事ですから」

損保ジャパン日本興亜札幌支店、加藤課長補佐は「途中から”麻生大臣が田代耕平、根岸優介を委任した委任状が有る、麻生大臣が財務省の事業で二弁護士を委任した”こう言い張って来たが」

損保ジャパン日本興亜、西沢社長が「○○氏が損保ジャパン日本興亜に対して、火災保険金請求を行った事件、で委任状を交わして居ました、完全な犯罪証拠が、次々公式に表に出されて行って居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4705386
ユニークアクセス:3950143
今日
ページビュー:957
ユニークアクセス:586
昨日
ページビュー:1404
ユニークアクセス:1356

Feed