エントリー

紀州のドンの遺言状、田辺市に遺贈を市が、奥方と共に相続受け入れ

  • 2019/11/09 10:38

今月8日の、産経新聞の記事で「紀州のドンと呼ばれた、野崎幸助氏が遺贈を記載した遺言状を遺し”田辺市に全財産を遺贈する”こう遺言状に書き残した事に付いて、唯一の相続人である、奥方と共に田辺市は、野崎幸助氏の遺産を相続することを決めた、と報じられて居ます」

田辺市は「唯一の相続人である奥方が、遺留分相続の権利執行を公に表明して居る事を受けて、奥方の相続減殺遺留分(法定遺留分の半分、つまり2分の1)の相続の残り半分を相続する、と決めた、との事です」

但し「野崎幸助氏が、巨額の負債を負って居る事も有り得ると考えて、正の遺産相続を受けた範囲を限度とした、限定相続受けとする、との事です”限定相続受けの条件は、他の相続人の合意です、奥方も合意と言う事でしょう”」

この事案で「行政、田辺市も、遺贈遺言状が有ろうと、他の相続人が持って居る民法第896,1031条、相続を受ける権利の侵害は行わない、こう決定している訳です、相続遺産分割除外説など捏造して、他の相続人が持つ相続権強制剥奪恒常化は、民法第896条他に背いており違法、今後採用禁止、とした、平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定と同じ、合法な遺産相続手続きです」

遺品整理を謳う、未相続遺産金品泥棒も、当然犯罪で禁止と言う事です、先ず遺産金品を証明して、相続を受けてから扱う事です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4653258
ユニークアクセス:3903595
今日
ページビュー:48
ユニークアクセス:48
昨日
ページビュー:701
ユニークアクセス:640

Feed