エントリー

三流タブロイド紙以下の法曹権力、警察、報道他

  • 2019/11/11 07:50

和歌山の資産家、野崎さんが死去して、相続人は奥方一人ですが、野崎さんが住む田辺市に遺産全て遺贈する、と野崎さんは遺言状を遺して居ました。

田辺市は野崎さんの遺産に付いて、正、負の遺産調査等を行って来て居て「野崎さんからの遺贈を受けると決めました”当然ですが、唯一の相続人である、奥方は、民法第896,1031条で相続遺留分が守られている事を踏まえて”奥方の減殺遺留分5割を除く、残りの遺産の相続を決めたのです」

行政機関も公に「遺言状で他の相続人の遺留分まで、誰かに遺贈する、と遺言状に書いても、民法第896条、1031条の規定、他の相続人には、遺留分、減殺遺留分相続の権利が有るので、遺産全てを遺贈する、と遺言状に書いて有ろうと、他の相続人の遺留分、減殺遺留分は侵害出来ない、こう実例を、公に作った訳です」

之で最高裁大法廷実例と、田辺市の実例、遺言状が有り、遺贈を受ける者が他の相続権者の遺留分、減殺遺留分まで、全て相続受けすると遺言状に書いて有っても、遺贈を受ける者以外の相続人には、相続遺留分、減殺遺留分相続の権利が有るので「遺贈を受ける者が、遺言状と相続遺産分割除外説を盾に取り、他の相続人遺留分まで全てを強奪など出来ない、今も凶行され続けて居る、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、警察、検事、検察庁、国税、報道他犯罪は、完全な犯罪だと、司法、行政が事実証拠で証明して居るのです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4653355
ユニークアクセス:3903690
今日
ページビュー:145
ユニークアクセス:143
昨日
ページビュー:701
ユニークアクセス:640

Feed