エントリー

実例証拠により、公開証明されて行く弁護士、裁判官犯罪

  • 2019/11/11 08:04

紀州の資産家、野崎さんが死去して、相続人一人しかいない、奥方が唯一の相続人だったのですが「野崎さんは再婚の前に遺言状を作っており、遺産は全て田辺市に遺贈する、と遺言状を作って有ったのです」

こう言う事情の中で、野崎さんは昨年急死しました、報道は事実、証拠も無いのに「奥方が、遺産目当てで野崎さんを殺した」と報道合戦に狂奔して来ました、証拠は無いのに、勝手に決め付けて、報道合戦を重ねて来て居ます。

筧千佐子さんの事件と同様の「遺産目当ての殺人事件と言う事実、証拠無しでの、遺産が入る事をねたんでの、三流タブロイド紙以下の、人を陥れる目論見の報道合戦です」

ですが「野崎さんは”田辺氏に遺産全てを遺贈する”と遺言状に書いて遺しました、田辺市、地方自治体が遺贈を受ける立場な訳です」

田辺市は「野崎さんの遺産を調査して”奥方には、減殺遺留分相続権5割が存在するので、田辺市が遺贈を受ける分は、残りの半分である”と、法に沿い発表もしました」

この決定により、阿部健一、花枝さんの遺産、孫が強奪、泥棒、詐取犯罪を、妻の両親の遺産泥棒を、法を犯して成功させるべく暴走している弁護士、札弁連、札幌家裁、地裁、高裁、裁判官の犯罪も、法により、犯罪者と共犯、司法、警察他犯罪だと、更に公式実例証明されて居ます。

最高裁大法廷最終決定に続き、田辺市、地方自治体も「遺言状が有り、他の相続人遺留分も全て遺贈する、こう遺言状に書いて有っても、他の相続人が民法第896,1031条で守られている相続遺留分、減殺遺留分侵害は犯罪故出来ない、之を実例で証明して居るのです」

田辺市が、野崎さんの奥方の減殺遺留分を除く、残りの遺産の相続を受けると決めた事で「警察、検察、報道犯罪、野崎さんを奥方が、遺産目当てで殺したんだ、このでっち上げ人権犯罪は、筧千佐子さんのようには成功しない訳です」

田辺市が調査して、奥方と田辺市で野崎さんの遺産を、法を持ち折半相続と決めた以上、警察、検事、報道は「田辺市が、野崎さんの奥方の犯罪に加担した事を、事実証拠を持ち、公式証明しなければならないからです、出来る訳が無いです、遺産強盗の共犯のこの国家権力に」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4653253
ユニークアクセス:3903590
今日
ページビュー:43
ユニークアクセス:43
昨日
ページビュー:701
ユニークアクセス:640

Feed