エントリー

建設業者の

  • 2019/11/20 06:00

建設業者の作る工事請負見積書は、建設工事の内訳と、必要ば工事費用を記載した物です。


この工事見積書の作成には、特に改修工事であれば、各建設業者の実務知識が駆使されて居ます。


各工事毎に、それぞれの建設業者の、実務によって得られた知識が使われているのです。


特に改築工事は、実際の工事から得られた、実務知識を駆使出来なければ、実際に工事を行える工事見積りは、作れないのですよ。


火災保険請求に出される工事見積書は、この大原則が破壊されているのですよ、工事発注者からして、火災保険請求にだす工事見積書は、無料で作って貰える程度の物だと、建設業者をバカにしているbですよね。建設業者も悪いんですよ、建設工事見積書は、工事を請け負う事を前提として、正しい工事内訳、工事に要する費用を記載する物だと、ここから理解もできて居ない結果です。


自分が自分で営んでいる建設工事の根本から、全く理解できて居ないんですよね、だから良いように利用だけされているのです。


当社は原則、火災保険請求用だけの工事見積りは作りません、色々不味いですから、又、悪用されます。


今回の建設工事見積書は、きちんと工事請負契約を交わした上で、金融公庫特約火災保険が適用される工事請負mとも、正しく記載してあります、色々ありそうだったので、予防措置を正しく講じておいて正解でした。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4705509
ユニークアクセス:3950247
今日
ページビュー:1080
ユニークアクセス:690
昨日
ページビュー:1404
ユニークアクセス:1356

Feed