エントリー

最高裁判所

  • 2019/11/21 05:54

 最高裁判所は今後、最高裁大法廷最終決定、どう扱うのでしょうね、先ずは阿部さんの控訴事件の先、でしょうね。

 

相続権の無い甥が、根こそぎ祖父母の遺産を強奪、窃盗、詐取して居て、例によって弁護士、裁判官、裁判所犯罪が物を言い、甥が犯罪で手にした遺産を、強盗の居直り弁護士、裁判官、裁判所テロで犯罪者に、いなおり強盗司法犯罪制度に物を言わせて、全部奪わせて、弁護士に山分けさせようと、札幌の弁護士会、裁判官、裁判所が暴走し続けて居ます。

 

最高裁判所が平成28年12月19日に、死人の遺産は強盗が全部所有権を得る、この狂った司法闇犯罪を、民法第八百九十六条違反季語採用禁止と最終決定したが、弁護士全員が全く理解不可能で、裁判官、検事、裁判所職員、検察庁職員、警察、金融機関の監督官庁、法務省、国税庁、税理士、公認会計士、全部が共犯者、実行犯になって居ます。

 

弁護士用犯罪で、国の闇で認めて来たから、犯罪なのにやり放題出来ているのです、定番となっている、弁護士用犯罪です、一旦弁護士に、犯罪特権を与えてしまえば、弁護士、検事、裁判官、裁判所、検察庁の職員、警察に、合法に是正した所で、合法化に切り替える事は不可能なのです。

 

何の正しい判断能力も備わって居ない弁護士、検事、裁判官連中には、一旦国の闇で弁護士犯罪を、国中でおこなわせまくらせれば、是正は出来ません、破綻するまで暴走し続けます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5107540
ユニークアクセス:4313916
今日
ページビュー:279
ユニークアクセス:278
昨日
ページビュー:1457
ユニークアクセス:1150

Feed