エントリー

遺産泥棒を強制適法化、弁護士指揮、司法犯罪

  • 2019/12/02 16:42

死人が出れば、死人緒財産を強盗、窃盗、詐取して通って居る、相続遺産分割除外説、法律では全く無い、弁護士用の司法、警察、法務省他、国家権力ぐるみの単なる犯罪です。

最高裁大法廷は平成28年12月19日に、この単なる犯罪を、民法第896条違反故、以後採用禁止、と最終決定を下して居ますが、この犯罪を大きなしのぎとさせている、弁護士会、弁護士は、全く理解も出来ないので、守る事は無いままです。

弁護士の下僕の裁判官、裁判所、書記官、調停委員は、弁護士の犯罪指揮下に居ますから、最高裁の最終決定等、一切聞く気も無いままです。

この事実により、死人が出たとなれば、変わらず死人の財産強盗、泥棒に走り、成功し続けて居ます、奪えた遺産は犯罪者が所有権を得た、こう偽りで通って居る事も、変わらないままです。

最高裁大法廷の最終決定、法を持った最終決定等、弁護士、家裁裁判官、家裁、地裁裁判官、地裁、書記官、調停委員にすれば、法に無知な愚か者集団の戯言でしか無い、完全に最高裁も、法律も、この連中は馬鹿に仕切って居るんです。

馬鹿に仕切って居る最高裁裁判官、法の規定ですから、聞く訳が無くて当たり前なのです。

法律と最高裁大法廷が、法を持って最終決定を下した、相続遺産分割除外説以後採用禁止、民法第896条の遵守しか認めない最終決定も、弁護士犯罪集団の意向を受け、無効として潰して、遺産泥棒に邁進して居るのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702789
ユニークアクセス:3947980
今日
ページビュー:877
ユニークアクセス:825
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed