エントリー

正気さが完全に

  • 2019/12/03 07:49

一昨日、昨日、本日の文書の記載で分かるように、死人、認知者の財産強盗をしのぎとさせて有る、弁護士犯罪国家資格者指揮、死人、認知者の身分を偽り、財産を強奪し捲り、国家権力がこぞって共犯なので、各々国家権力が、この犯罪を正当と偽る為の犯罪に手を染めて、強制適法化を果たして来て居る、証拠差の欠片も無い事実が、実例証拠で表に出されて居ます。

平成28年12月19日に最高裁大法廷が、自らも法を犯して来て居る、相続遺産分割除外説の採用は、民法第896条違反故、以後採用禁止、被相続人が死去の時点で、正、負の遺産、包括遺産全てを凍結、保全して、相続人全員の共同相続遺産で扱う事、以後相続遺産分割除外説採用禁止、民法第896条規定に全て合わせる事。

この法による最終決定が、当社によって正しく使われて、この法律も、最高裁大法廷最終決定も、何の事かも全く理解不可能の弁護士、書記官、調停委員、裁判官、法務省役人、公証役場、公証人は「最高裁最終決定と民法第896条順守を、一切拒み続けて、未相続遺産強奪にのみ明け暮れて来て居たのです」

当然ですが、何一つ合法が無い、単なる強盗、泥棒、詐欺行為を通して居る、泥棒公認の説を、唯一絶対の犯罪根拠、で犯罪を重ねてだけ来ていますから。

取り敢えず十和田おいらせ農協が「被相続人死去時に存在した遺産預金額が、法による正しい遺産預金金額で、義父が死んだ後、義父が生きて預金を引き出した、と、農協職員と次男娘が偽装して、盗んだ200万円は農協の資金窃盗、こう一旦決定して、証明書を作って交付して」

合法な遺産預金仮支払いを行った事が、弁護士が指揮する司法、法務省、警察犯罪行為集団には、物凄く拙かったのです。

で、北海道銀行も十和田おいらせに倣った事もあり、国家犯罪権力が指揮して「死去時の遺産預金が存在する、この帳簿、証明書作成、行使と、死人は死後も生きており、拠って口座凍結はせず、死人が預金を引き出し続けて居て、合法預金引き出し、死人によって遺産預金は減じ続けて居る、こう偽造した帳簿、証明書作成、行使にも走り」

死人が死後引き出した預金は、正しい預金引き出しだから遺産預金では無い、金は返さない、こう嘯き、犯罪に走る手を、金融屋は監督機関、司法、警察の指揮を受け、統一で使い出して居るのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702710
ユニークアクセス:3947909
今日
ページビュー:798
ユニークアクセス:754
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed