エントリー

金融機関職員

  • 2019/12/03 17:35

金融機関に勤務して居て、顧客の預金を扱う業務に従事して居れば、裁判所、弁護士、税務署、地方自治体、泥棒相続人から、口座名義人を偽り、金を盗んで差し出せ、こう求められ捲るので、口座名義人偽装の手で、金を横領し、差し出し捲っても居ます。

ですから「顧客の預金を扱う金融機関職員は”顧客の身分を偽る書類を作成して、行使して、金を横領して差し出す事の常習犯、です”」

この事の意味を、金融機関で口座名義人の身分を偽らせられて、横領を働かされて居る職員達は、正しい法の規定、真実をちゃんと理解しておくべきなのです。

単なる犯罪です、弁護士、裁判所、税務署、地方自治体、預金泥棒からこの犯罪を求められたら、正しい犯罪となるが、自分用なら犯罪だ、と言う事は無いから。

顧客の預金を扱う立場の職員達は、何時、誰の身分を、誰から求められて偽り、金を横領して差し出させられたか、良く知悉して居ます。

この犯罪実例、証拠を、顧客の預金を扱う担当職員達は、保全して置くべきなのです、何れ役立つ時が来るかもしれないから。

金融機関の業務は、顧客の身分を偽装する手で金を横領して、闇で流す犯罪も、山のように凶行し捲って居る業務が入って居るんです。

顧客の預金を扱う金融機関の職員達、何処かでこの行為を「いきなり犯罪だ、とされる事が山のように起きて居るのだと、正しい認識を持って置きましょう、罠に掛けられる恐れが強く有る、犯罪に手を染めているから、之を自覚、認識して置きましょう」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702763
ユニークアクセス:3947955
今日
ページビュー:851
ユニークアクセス:800
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed