エントリー

法律の規定通り、元々当たり前

  • 2019/12/04 07:35

民法第896,1031条規定は、元々存在する法律規定です、守る必要が、元から有ったのですけれど「犯罪国家資格者弁護士は、法を破戒出来る特権が有る、と、虚偽の説をでっち上げて強制適用し捲って来た、相続遺産分割除外説、等と言う、泥棒そのものの説をでっち上げて、強制適用を重ねる手を講じて」

この相続遺産強盗、泥棒を、最高裁大法廷は平成28年12月19日に、この説は民法第896条違反だから、最高裁もこの説を認めて来たが、以後採用禁止、被相続人死去時に存在した、包括遺産(正、負の遺産全て)を、相続が終わるまで保全して、相続人全員の共同相続遺産とせよ、こう最終決定を出して居ますが。

日弁連、日本中の弁護士会、弁護士全員、高裁以下裁判所全部、裁判官全員、調停委員、書記官、法務省、公証役場、公証人、検察庁全部、検事全員、警察全て、国税庁、金融屋、監督官庁、報道、政治こぞって「未相続の内に遺産を強奪、窃盗、詐取出来れば犯罪者と共犯弁護士が、法を犯して所有権を得た、と強制偽り決定されて、遺産から強制除外されるんだ」

これのみを、国中で凶行して来た、法の破壊で成功させて来たのです。

最高裁が法を持ち、相続遺産分割除外説を違法故採用禁止と最終決定した事と合わせて、民法第896,1031条、新民法第909条2全てを無効だ、弁護士と高裁以下裁判官、調停委員、書記官で決めたんだ、最高裁の裁判官は法に無知な愚か者だから、最高裁相続遺産分割除外説は違法、採用禁止最終決定も、弁護士の指揮で潰す。

こうまで嘯いて居たのに、流れが一気に合法化へと変わったようですね、大勝利ですね、当社の。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702776
ユニークアクセス:3947968
今日
ページビュー:864
ユニークアクセス:813
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed