エントリー

相続を定めて有る法律も、弁護士犯罪用に破壊、の先

  • 2019/12/04 08:06

民法第896条で「被相続人が死去時に存在した包括遺産は、死去時で凍結して保全し、相続人全員の相続遺産として扱う事、正、負の遺産ともにこの手続きとする」

こう規定されて居ます、民法第1031条では「相続人の遺留分相続の権利が認められて居ます、公正証書遺言等で相続遺留分を侵害されるとなって居ても、本来の相続遺留分の5割の相続の権利が、法律で認められて居ます」

ですから「弁護士用犯罪、でっち上げただけの遺産相続権強制強奪、相続遺産分割除外説等、法律上通る筈が、元から無いのです」

遺言状に「xxに遺産全てを遺贈する、こう書いて有ろうと、他の相続権者には、本来の相続遺留分の5割の相続権が、法律で保証されて居ます」

その法律規定を、弁護士犯罪国家資格者の指揮下に入った裁判所、裁判官、調停委員、書記官、法務省、法務局、公証役場、公証人、警察、金融屋、監督官庁、警察、国税、報道、政治が共謀して、相続遺産分割除外説が絶対だ、遺産は未相続の内に強盗、窃盗、詐欺で奪えれば、犯罪者と共犯の弁護士が所有権を得た、と犯罪の限りを国家権力が尽くして、でっち上げで決めて、通して居るんだ。

これを国中で、弁護士が指揮を執り、凶行し捲って来たのです、最高裁大法廷も禁じたけれど、合憲、合法破壊を続行して来たのですが「ようやく当社の尽力が功を奏して、遺産強盗を潰せたようです、弁護士指揮犯罪を潰せたようです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702696
ユニークアクセス:3947897
今日
ページビュー:784
ユニークアクセス:742
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed