エントリー

遺品整理請負、保護受給者の相続隠蔽と合わせて

  • 2019/12/04 08:16

法律規定通り、遺産は相続しなければならない、妻の相続事件で札幌簡裁、裁判官が、審判で決定した事実です。

それはそうですけれど「今まで弁護士用犯罪、相続遺産分割除外説のみ絶対、民法第896条、1031条も守る必要は無い、弁護士用犯罪でこうなって居るんだ」

これを強引に、犯罪の限りを尽くして押し通す、之しか強制決定させて来て居ないんです、いきなり合法化実例を作った、はあ、ですよね。

元々ずっと、合法な相続を果たすよう、次男、長女、裁判所に求めて来たのです、弁護士会にも、ですが「相続遺産分割除外説、遺産強奪しか認めるか、合法相続等果たす気は無い」

こう公に宣言してこの国家犯罪権力は、暴走し続けて来たのです、私を冤罪で犯罪者と判決、決定書ででっち上げて決めてまで。

犯罪しか行って来て居ないから、今更合法化に舵を切れる筈が無いし、合法な遺産相続とは、これ自体分からない国家資格者、司法、法務省、警察ですからね、合法化を求められたって、何を言われているかすら、全く理解出来なかったのです。

それがいきなり、妻の両親の遺産相続で、弁護士犯罪国家資格者の言いなりにならず、合法な相続で決定が出たと言う、基本合法化が実現されたと言う、、、。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702704
ユニークアクセス:3947905
今日
ページビュー:792
ユニークアクセス:750
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed