エントリー

金融機関、顧問弁護士、税理士犯罪も公式立証された

  • 2019/12/31 09:00

金融機関に有る、死人の遺産預金を強奪、窃盗する目論見ででっち上げた、相続遺産分割除外説「金融機関の、この犯罪を成功させて居る、犯罪の手口で言えば”死人は死去後も生きており、よって死人の預金口座は、民法第896条違反等を承知で凍結せず、死人が死後、死人自身で預金を引き出して居る”と、犯罪を重ねて偽り、成功させて有る、司法書士、弁護士用の、遺産泥棒犯罪者共々、犯罪で利を得られるように、司法他から指揮、命じられた事を受けた犯罪である」

こう言う犯罪が、最高裁大法廷が禁じた後も3年以上、公に重ねられて居る訳です、司法書士、弁護士用、共犯泥棒共々用の犯罪として。

この司法犯罪を、金融機関がどう言う手口を使い、成功させて居るか、この最大の点を、当社は金融機関から、実例証拠で出して貰って居るのです。

司法書士、弁護士、検事、裁判官、書記官、警察がどう言い逃れに走ろうとも「死人が死後も存在しており、死人自身で預金を引き出して居る、口座を解約して、金を持ち帰って居ると、金融機関で偽装して、成功させて有る真実、事実証拠が揃って居ます、司法、警察は、犯罪国家権力ですし、法曹資格者は、国家資格を犯罪用に悪用して居る、テロ犯罪集団です」

北海道銀行の犯行時のビデオ映像には「司法オカルト犯罪の言い訳”死んでから花枝さんが、道銀手稲星置支店に行き、ATMから二回、預金を引き出した映像”は、無い事等を手稲署刑事が、阿部さんに伝えて居ます」

日本中の金融機関が、司法から命じられて等を持ち「死人が死後、預金先金融機関に来て、窓口手続きか、ATMを使い、預金を引き出して帰って居る”こう偽造して、正当な死人による預金引き出しだ”と偽って有るのです、もう隠しようが無い、司法犯罪事実、証拠です」

残る逃げは、犯行時のビデオ隠匿、隠滅です「死人が死後、預金を引き出した映像が存在するが、証拠で出さない、これが最後の逃げなのです”金融機関はもう、死人が死後預金を引き出して居る、ビデオ証拠が有る”と、公式に言い張れません、職員が同じ手を使い、資金を抜いても、帳簿等を証拠で使えないとばれたし、金融機関が口座名義人偽装で資金窃盗の頭、実行犯とばれて居るので”」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5052086
ユニークアクセス:4265902
今日
ページビュー:895
ユニークアクセス:787
昨日
ページビュー:1147
ユニークアクセス:1019

Feed