エントリー

司法犯罪、一角が犯罪によって崩壊

  • 2020/01/14 10:05

司法犯罪、主体が弁護士用、未相続遺産を強奪、窃盗、詐取出来れば、泥棒と共犯弁護士が所有権を得た、と、証拠等偽造、犯罪証拠隠滅、隠匿に司法、警察、税務署等が走り、偽装で決めて通している犯罪が、この犯罪に闇で付与されて居る、合わせて他者の財産も、犯罪で奪えば、泥棒が正しい、と偽り、通されて来て居る、司法、警察犯罪が挙げられて、崩壊し出しました。

相続人である叔父の家から、遺産泥棒の一人、甥が、叔父の除雪機も盗み、被害届を遺産泥棒と合わせて出されて居て、摘発されたのです、証拠の除雪機と共に。

こうなって「じゃあ、司法犯罪遺産泥棒行為、被害は”犯罪によって他者の相続財産を奪った事実、証拠が有るのに、犯罪を免責として、遺産窃盗を消すのか、被害を相続人に、司法、警察がテロに走り、飲ませて通すのか”」

この問題も、公式に起きて居ます、もう司法、警察、行政が共謀して、泥棒は正しい、犯罪で得た利得は泥棒と共犯弁護士が所有権を得た、と犯罪に手を染め、偽り、通す、は絶対の司法犯罪だ、とは出来ないのです「民法第909条2の遵守と、遺産家財の相続実施も、裁判所が公文書で出して居ますし、昨年12月からこの法律順守、遺産物品放り出しは駄目、相続を行うように、と公文書で指示が出て居ます」

司法犯罪遺産泥棒入手、遺産から盗めた分は消して通す、負の遺産は相続させず、潰して通す、これ等犯罪と、遺産泥棒と共犯弁護士は、他者の財産も一緒に盗めれば、遺産泥棒犯罪と同じく、犯罪を強制抹殺、被害者に被害泣き寝入りを強要、犯罪を証明して、糾弾する人間は、司法い冤罪で粛清も日常的にして、司法犯罪を消せて来て居る。

どの司法犯罪も、破綻し出して居ます、過去の司法犯罪責任を、どうやって取るのか、弘中弁護士等、東京地検、地裁、法務省、入管法、旅券法違反実行犯と同じで、逃げ回るだけでしょうね、司法犯罪実行犯連中は”特に札弁連、所属弁護士、犯罪で利得を得て来て居る、司法犯罪、司法冤罪を指揮もして、通されて来て居る法曹資格者は”。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5046422
ユニークアクセス:4261205
今日
ページビュー:659
ユニークアクセス:401
昨日
ページビュー:956
ユニークアクセス:934

Feed